fc2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

なら燈花会 猿沢池・鷺池(浮見堂) 2022

奈良の夏の夜を彩る風物詩、なら燈花会。3年ぶりに通常の形で開催されました。奈良公園の闇夜に灯りが揺らめき、人々を誘います。

連日、熱中症警戒アラートが出される猛暑が続く奈良。陽は沈んでも熱気は消えず、ムシムシ・ベトベト。無風の状態で流れ落ちる汗を拭きながらの燈花会めぐり。納涼とはほど遠い「灯りの花巡り」ではありました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・なら燈花会 春日野園地 2014
 ・なら燈花会 興福寺・浮見堂 2014
 ・なら燈花会 浅茅が原 2014
 ・なら燈花会 奈良県庁・文化会館 2014
 ・なら燈花会 2011 浮見堂・猿沢池



なら燈花会 猿沢池1
猿沢池畔の九重塔と采女地蔵。三脚使用禁止につき手持ち撮影(以下同じ)=撮影 2022/8/9 奈良市登大路町


なら燈花会 猿沢池2
猿沢池の奥に興福寺南円堂=撮影 2022/8/9 奈良市登大路町


なら燈花会 猿沢池3
猿沢池から見る興福寺五重塔=撮影 2022/8/9 奈良市登大路町


なら燈花会 浮見堂4
鷺池の夕焼け=撮影 2022/8/8 奈良市高畑町


なら燈花会 浮見堂6
鷺池の浮見堂。池はアオコが全面に繁殖=撮影 2022/8/8 奈良市高畑町


なら燈花会 浮見堂5
鷺池のボート遊び。舟が通った跡だけ灯りを映す=撮影 2022/8/8 奈良市高畑町

スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2022/08/11(木) 17:48:34|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0

なら町の地蔵盆―まんなおし地蔵(瓦堂町) 2022

なら町の南部に位置する瓦堂町に「まんなおし地蔵」と呼ばれるお地蔵さんが祀られています。「まんなおし」とは、関西で「まん(間・巡り合わせ)」を「直す(良くする)」という意味で使われる言葉です。つまり縁起直しとか験(げん)直しのお地蔵さん、運気を好転させるお地蔵さんとして、町の人々に長く親しまれてきました。

このお地蔵さんは、平安後期~鎌倉初期に造立され当初から瓦堂町でお祀りされていました。荒廃した時期、近く鳴川町の徳融寺に長きにわたり安置されてきました。いつの頃か破損部分が修復され、全身に極彩色が施されて現在の姿になったと伝承されています。昭和28(1953)年にお堂を建立し、100年ぶりに再び瓦堂町にお迎えしてお祀りするようになったそうです。(瓦堂町自治会 『掲示板』を要約)

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・念聲寺 地蔵盆 2021
 ・花芝商店街 地蔵盆 2019
 ・川西町吐田 油掛地蔵盆 2019



まんなおし地蔵尊1
美しく彩色された「まんなおし地蔵尊」。年に2日(7月23・24日)だけご開帳=撮影 2022/7/23 奈良市瓦堂町


まんなおし地蔵尊2
町内の人々がお参りに。右奥の部屋ではお下がりを授与=撮影 2022/7/23 奈良市瓦堂町


まんなおし地蔵尊3
道路から奥まったところの地蔵堂ですが、その前は空き地になっています=撮影 2022/7/23 奈良市瓦堂町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2022/07/25(月) 14:21:55|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0

龍田神社 風鎮祭・千燈明 2022

ここより南西に位置する龍田大社と名前が紛らわしいのですが、龍田神社は法隆寺の鎮守社として龍田大明神を祀り創建されました。両社とも風雨を鎮める神を祀る神社として崇敬を集めています。

龍田神社では毎年夏に風水害や疫病を防ぎ、家内安全・五穀豊穣を祈願して風鎮祭千燈明が執り行われています。残念ながらコロナ蔓延により「過去2年は神事だけ」(神社役員さん)でしたが、今年は神前にたくさんの燈明を捧げて千燈明祭が行われました。

本殿と拝殿の間、菜種油を満たしずらりと並ぶ白磁の皿のトーシミ(灯芯)に火が灯されると、暖かな幻想的な空間が浮かび上がります。参拝者は小さな行燈を手に設けられた燈明台に進みます。燈明のひとつに名前と願い事を書いた札を吊り下げます。本殿に向かって手を合わせて拝礼。雰囲気に合わせた写真をと、浴衣姿のお子さんを待ちますが・・・。10年ぶりの参拝でした。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・龍田神社 風鎮祭・千燈明祭 2013
 ・春日大社 中元万燈籠 2014
 ・往馬大社 千燈明祭 2021



龍田神社 風鎮祭千燈明2
神殿前に風よけで囲った燈明台。小型の筒行灯(正面)と燈明皿が左右に並びます=撮影 2022/7/17 奈良・生駒郡斑鳩町龍田

龍田神社 風鎮祭千燈明3
燈明皿の下に名前を書いた札を吊るす献灯者=撮影 2022/7/17 奈良・生駒郡斑鳩町龍田


龍田神社 風鎮祭千燈4
献灯された筒行灯=撮影 2022/7/17 奈良・生駒郡斑鳩町龍田


龍田神社 風鎮祭千燈明1
影燈籠=撮影 2022/7/17 奈良・生駒郡斑鳩町龍田

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2022/07/19(火) 19:24:48|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0

三輪恵比須神社 夏越の大祓 2022

三輪(坐)恵比須神社は日本最初の市場である海柘榴市(つばいち)の守り神として創祀されたと伝わり、後に現在の三輪の地に遷座しました。えびす信仰の大元となった古社とされます。

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)・茅の輪くぐりは、1年の前半分が終わる6月30日に多くの神社で行われる夏の風物詩。半年の間に知らず知らずのうちに身についた罪や穢れを祓い清め、 無事に夏を乗り切れるようにとの願いを込めて行われる神事です。当神社でも、規模は小さいながら厳かに執り行われました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・三輪恵比須神社 宵えびす 2020
 ・三輪恵比須神社 御湯の神事 2019
 ・三輪恵比須神社 御湯の神事 2015
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2022



三輪恵比須神社 夏越の大祓1
石の大鳥居のそば、大きな枝垂桜の下に設置された茅の輪をくぐることから夏越の大祓式は始まります=撮影 2022/6/30 奈良・桜井市三輪


三輪恵比須神社 夏越の大祓2
宮司による夏越の大祓詞を奏上。氏子役員らがこれに唱和=撮影 2022/6/30 奈良・桜井市三輪


三輪恵比須神社 夏越の大祓3
太鼓に合わせ宮司自ら笛を奏し、巫女による神楽奉納=撮影 2022/6/30 奈良・桜井市三輪

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2022/07/02(土) 22:13:21|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0

大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2022

新型コロナ感染の3年目を迎えた今年も、早や前半の半年が過ぎ、疫病も足元では落ち着きを見せ始めました。6月末日は全国各地の神社で「夏越(なごし)の大祓」が行われます。過ぎし半年の間に身に積もった罪・穢れ・過ちをきれいに祓い清め、後の半年を無事に過ごせるように祈る古来から行われてきた伝統行事です。

大神(おおみわ)神社では祈祷殿前に大きな茅の輪を設置して「夏越の大祓」の式典が行われます。身代わりとなる「人形(ひとがた)」に罪穢れを移し、茅の輪をくぐれば神様のご加護をいただけ災厄や病気を免れることができるといわれています。

当神社の夏越の大祓式は茅の輪の大きさといい、参列する神職・巫女・参拝者の数といい、知る限り奈良で一番大きな規模でしょう。猛暑のさなか、吹き出る汗をぬぐいながら、「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命延ぶというなり」と古歌を唱えて茅の輪をくぐります。

また、これとは別に拝殿前には三ツ鳥居にちなむ「三つの茅の輪」が設けられていて、参拝者は自由にくぐることができます。 

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2019
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2011
 ・往馬大社 夏越大祓・茅の輪神事 2021
 ・春日大社 夏越大祓式 2020
 ・大和神社 夏越の大祓式 2019
 ・龍田大社 夏越大祓 2018
 ・綱越神社 おんぱら祭 2018
 ・石上神宮 夏越の大祓式 2015
 ・村屋神社 夏越の大祓式 2014



大神神社 夏越の大祓1
大祓式の斎場に参進する巫女さんたち。各々額に木綿鬘(ゆうかずら、麻の鉢巻)を着けています=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓2
大きな茅の輪の前で夏越の大祓の神事が始まる。この後、神職により大祓の詞の奏上がある=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓3
自分の身代わりとなる人形(ひとがた)に息を吹きかけ身を撫でた罪穢を移し、櫃に納めます=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓4
さらし布を神職が手で引き裂いく裂布の儀式。「大祓詞」にある“天津菅麻(すがそ)を本刈り断ち末刈り切りて八針に取り裂き・・・”という一節を再現したものといわれます=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓5
身の穢れを移した紙の「人形(ひとがた)」や「切り麻(幣)(ぬさ)」を"菰まき"に入れているところ。後に神職がこれを初瀬川に流します=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓6
左右に「8の字」を描くように3回くぐり抜ける茅の輪くぐり(写真は2回り目)。巫女さんの後に大勢の参拝者が続きます=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪


大神神社 夏越の大祓7
拝殿前に設置された、三ツ鳥居にちなむ三つの大きな「茅の輪」=撮影 2022/6/30 奈良・天理市三輪

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2022/07/02(土) 20:53:31|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑です。

Copyright © 2009-2022 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (79)
2月の祭り/行事 (122)
3月の祭り/行事 (98)
4月の祭り/行事 (78)
5月の祭り/行事 (81)
6月の祭り/行事 (70)
7月の祭り/行事 (79)
8月の祭り/行事 (87)
9月の祭り/行事 (57)
10月の祭り/行事 (118)
11月の祭り/行事 (31)
12月の祭り/行事 (119)
花便り (208)
みち草まんだら (45)
新年のご挨拶 (9)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (75)
季節の風景・初夏 (8)
季節の風景・夏 (5)
季節の風景・秋 (84)
季節の風景・晩秋 (13)
季節の風景・冬 (15)
朝焼け・夕焼け (11)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (19)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (10)
大和棟 (5)
未分類 (4)
ならまち散策 (0)
街角点描 (1)
奈良の鹿 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ