FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

田原本 流鏑馬まつり 2019

鎌倉~室町時代に奈良田原本の法貴寺地区を拠点に活躍した武士集団が春日若宮おん祭に流鏑馬を奉納していたことや、江戸時代初期に同地の池神社でも奉納された記録が残ります。およそ600年ぶりに流鏑馬復活の機運が高まり、このたび国史跡指定20周年迎える唐古・鍵遺跡(弥生時代の環濠集落遺跡)史跡公園で開催されました。

史跡公園より東南およそ1km先にある法貴寺の池神社で、鎌倉時代の装束を身にまとった流鏑馬の一団は無事執行を祈って神事を行います。その後、古式ゆかしい華やかな行列で流鏑馬の会場である史跡公園まで巡行します。

快晴に恵まれたこの日の射場。いよいよ伝統的な小笠原流流鏑馬が始まります。埒(らち)と呼ばれる砂を敷いた走路(長さ約270m、幅約2m)を疾走する馬上から3ヶ所の的に矢を射ます。走駆するのは5騎。駆ける速さの早いこと、カメラでなかなか追い切れません。的が見事に射抜かれると歓声が上がります。初回の「流鏑馬まつり」は盛況のうちに終わりました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日若宮おん祭(5) 稚児流鏑馬 2018
 ・池神社 御田植祭 2014
 ・池神社 御田植祭 2011



田原本 流鏑馬まつり1
池神社で祭典を終え、総奉行を先頭に史跡に向かう流鏑馬の一行=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町法貴寺


田原本 流鏑馬まつり2.
御幣持ちなどの諸役が晩秋の唐古・鍵を進む。道中の鳴り物はありません=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町鍵


田原本 流鏑馬まつり3
出走地点で準備が整ったことを白扇で合図する馬場元役。一方ゴール地点には赤い扇を持った馬場末役が居て合図を受けます=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町唐古


田原本 流鏑馬まつり4
一の的を見事に射抜く。「バン」と大きな音とともに的は飛び散り、観客から歓声が上がります=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町唐古


田原本 流鏑馬まつり5.
まさに言葉どおり “矢継ぎ早”に次の矢を継ぐ騎乗の射手=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町唐古


田原本 流鏑馬まつり6
晩秋の唐古・鍵遺跡に建つ復元の楼閣=撮影 2019/12/1 奈良・磯城郡田原本町唐古

スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/12/03(火) 16:25:06|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0

けいはんな記念公園 紅葉 2019

けいはんな記念公園は関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の建設を記念して造られた、里山の自然が美しい広大な公園です。

なかでも回遊式の日本庭園(水景園)は四季折々の自然を愉しめますが、ことに秋の紅葉谷は隠れた紅葉の名所といわれ、見事な景観を見せてくれます。

紅葉のピークを少し過ぎていましたが、庭園を散り敷く落ち紅葉、流れる小川や巨石群の周りを彩るモミジ、ツワブキはなかなかのもの。雨上がりの庭園を秋色に染め上げ、秋から冬へ移り行く景観を堪能させてくれました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・けいはんな記念公園 紅葉 2018
 ・けいはんな記念公園 紅葉 2014
 ・花めぐり ハンゲショウ(半夏生) 2019
 ・花めぐり フジバカマ(藤袴) 2017
 ・花便り ヤマブキ(山吹) 2014



水景園1
棚田状の水盤が連なる「水景棚」=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園2
観月橋から俯瞰した「紅葉谷」を取り囲む柱状の巨石群=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園3
彩りを添えるツワブキ=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園4
小さな滝がいくつも連なる日本式庭園=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園5
落ち紅葉=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園6
撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町


水景園7
巨大石柱を染める紅葉=撮影 2019/11/28 京都・相楽郡精華町

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/30(土) 18:23:52|
  2. 季節の風景・晩秋
  3. | コメント:0

興福院 紅葉 2019

法蓮山 興福院(こんぶいん)は奈良時代に創建された浄土宗知恩院派の美しい尼寺。令和を記念し特別拝観日がもうけられました。ほぼ20年ぶりに予約なく拝観できる特別の機会で、また紅葉の季節とあって多くの拝観者が訪れていました。

大門(江戸時代造)を入ると見事な紅葉が出迎えてくれます。紅葉に彩られた中門の先に本堂が望めます。客殿(国重文)から渡り廊下を経て本堂に至ります。華美に過ぎず簡素な荘厳の本堂内。小ぶりな本尊の阿弥陀三尊像(国重文)は、漆箔落ちること無く実に美しく輝いています。

小堀遠州が造営に関わったという建物や庭園(尼ヶ辻から後に現在地に移築)。客殿前の庭園や本堂傍の放生池も風情があり、借景越しに奈良の街並みが一望されます。車が行き交う喧騒を離れた佐保丘陵の南麓に凛とたたずむ秋の興福院。静寂と秋の風情が堪能できました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・法華寺 蓮華会式 2015


興福院7
大門(寛永年間の造、県指定文化財)=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院1
中門=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院2
中門前からの本堂(寛永19年造、県指定文化財)=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院3
中門脇の紅葉=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院4
放生池=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院5
渡り廊下と御霊屋=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院8
御霊屋門付近の渡り廊下から大銀杏=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町


興福院6
本堂からの眺望=撮影 2019/11/24 奈良市法蓮町

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/27(水) 12:01:05|
  2. 季節の風景・秋
  3. | コメント:0

下部神社 吐山の太鼓踊り 2019

吐山(はやま)下部(おりべ)神社の秋祭りに奉納される太鼓踊り(県指定無形民俗文化財)。もとは雨乞いと満願の際、臨時に踊る風流踊りでした。ライフスタイルの変化などで伝統文化の存続が危ぶまれるなか、当地では小学校の郷土学習として太鼓踊りを子供たちが学び(1996年/平成8年より)、秋祭りに児童も参加する定期的な行事となっています。

基本的には7垣内よりそれぞれ1張の太鼓が出ます。7帳の大太鼓が3組に分かれ、3方向から道中で「打ち込み踊り」(3人が回し打ち)を演じながら宮入りします。本殿に向かって横一列に太鼓を並べ、1張の太鼓に踊り手3人が交代で踊りながら太鼓を打ちます。

現在伝承されている演目は20曲ほど。今回は「干田(ひんだ)踊り」「宝踊り」「鎌倉踊り」などが奉納されました。太鼓の踊り手は背面打ちや飛び上がって打つなど曲打ちが披露され、なかなか華やかです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2016
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2013
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2012
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2011
 ・恵比寿神社 吐山のおんだ祭 2019



吐山の太鼓踊り1
快晴に恵まれ秋真っ盛りの吐山の里。太鼓行列は全体を差配する指揮者役の「オオシンボウチ」(大心棒打ち、青色の紙垂)に導かれ、「打ち込み踊り」を演じつつ秋の野を神社に参進=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り2
紅葉盛りの城山を背に7張の太鼓が次々と宮入り。天狗(猿田彦神役)はササラを鳴らし場を祓い清めます=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り3
横一列に並べた7張の大太鼓に各3人の打ち手が付き、交代で曲打ちを奉納=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り5
美しい打ち込み姿が特徴的な吐山の太鼓踊り=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り6
みごとな背面打ち。太鼓の後ろでは次演者が蹲踞して待っています=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り4
日ごろの練習成果をお母さんたちに披露する1年1度の晴れ舞台=撮影 2019/11/23 奈良市都祁吐山町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/11/25(月) 21:03:48|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0

岡寺 紅葉 2019

「飛鳥の岡にある寺」として、「岡寺」と親しみをこめて呼ばれていますが、正式名称は「龍蓋寺(りゅうがいじ)」(名前の由来は⇒こちら)。およそ1300年前、義淵僧正が国家安泰と藤原氏の繁栄を祈願して建立たと伝わります。義淵僧正は奈良時代の仏教を興隆した多くの高僧の師として仰がれています。

岡寺の本尊は天平時代作で女性の厄除け観音として信仰を集める如意輪観音坐像(重文)。岡寺は日本最初の厄除け霊場(同寺パンフレット)として知られ、一方、「花の寺」とも形容され、春はシャクナゲ・サツキ、秋は紅葉が美しい。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・岡寺 シャクナゲ(石楠花) 2017
 ・岡寺 ヤマブキ(山吹)・ボタン(牡丹) 2017



岡寺 紅葉1
撮影 2019/11/21 奈良・高市郡明日香村岡


岡寺 紅葉2
撮影 2019/11/21 奈良・高市郡明日香村岡


岡寺 紅葉3
撮影 2019/11/21 奈良・高市郡明日香村岡


岡寺 紅葉4
撮影 2019/11/21 奈良・高市郡明日香村岡


岡寺 紅葉5
撮影 2019/11/21 奈良・高市郡明日香村岡

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/24(日) 21:52:01|
  2. 季節の風景・秋
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (72)
2月の祭り/行事 (105)
3月の祭り/行事 (87)
4月の祭り/行事 (72)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (65)
7月の祭り/行事 (73)
8月の祭り/行事 (81)
9月の祭り/行事 (52)
10月の祭り/行事 (111)
11月の祭り/行事 (29)
12月の祭り/行事 (108)
花便り (139)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (73)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (70)
季節の風景・晩秋 (6)
季節の風景・冬 (12)
朝焼け・夕焼け (10)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (9)
大和棟 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ