奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

桃香野八幡神社 秋祭り/お渡り・能楽奉納 2016

月ヶ瀬桃香野の八幡神社では中世の面影を残す秋祭りに能楽が奉納されます。演者は氏子有志(誠謡会)の皆さん。神社境内に設けられた能舞台(橋掛つきの敷舞台)で演じます。このような中世的な芸能は、ことに東山中(大和高原)の秋祭りに多く伝承されおり、芸能史からたいへん貴重なものとされます。

演目は能「翁(千歳の舞、翁の舞)」「三番叟」、仕舞「弓八幡」「鶴亀」、子供狂言「しびり」、仕舞「高砂」「羽衣」でした。囃子は小鼓ふたつのみ。

能楽奉納は例祭が終わった後の余興の意味があるようです。長老であるオトナ(老名)衆は参篭所から、中老のヨボサ(烏帽子)は中正面に敷いたゴザの上から、酒を飲みながら能楽を鑑賞します。

例祭の神饌には、芋頭皿、大豆籠、花芋籠、花餅籠など特殊な飾り御供があり、これらを奉持した裃・袴・下駄ばきの若衆がオトナ衆の待つ神社までお渡りを行います。行列にはヨボサ衆が稚児――何故か「尻喰い園児」と呼ぶ――と手をつないで後に従い、最後尾にお神酒桶を持つ人がつきます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・桃香野八幡神社 弓始祭 2016
 ・花便り 月ヶ瀬梅林 梅 2014



桃香野八幡神社 秋祭り1
花御供を持つ若衆と稚児たちのお渡り一行=撮影:2016/10/23 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 秋祭り2
裃姿の長老(オトナ)がずらりと並び舞台では紋付に裃姿の男が翁面箱を持ってお渡りを出迎えます=撮影:2016/10/23 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 秋祭り3
翁の舞=撮影:2016/10/23 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 秋祭り4
黒尉の面をつけた三番叟。「ヨッ、ホッ、ホッ」の小鼓に合わせて鈴を振りながら舞台を回る鈴の舞=撮影:2016/10/23 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 秋祭り5
子供狂言 「しびり」。足が痛いと仮病を使う太郎冠者を攻める主人=撮影:2016/10/23 奈良市月ヶ瀬桃香野

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/10/26(水) 23:39:36|
  2. 10月の祭り/行事
  3. | コメント:0

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2014

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2014

本年は金春流連吟1曲、観世流仕舞2曲、金春流仕舞2曲(うち1曲は「船弁慶」)、最後に観世流の能「熊野(ゆや)」が演じられました。

「熊野」のあらすじ――
京の都で平宗盛に仕えている熊野に、故郷の遠江国に残す病気の老母から熊野の帰国を促す手紙が届く。今生の別れが来る前にと、熊野は宗盛に暇乞いを願うが許されない。宗盛はかえって熊野の心を引き立てようと花見の供を命じる。牛車に乗って春爛漫の都大路を清水寺に向かう熊野。心は母を案じ鬱々として晴れない。

清水寺に着き花見の宴が始まる。宗盛の勧めで舞いを舞うが、折悪しく村雨が降り出し花を散らす。舞をやめた熊野は 「いかにせん都の春も惜しけれど、馴れし東の花や散るらん」 と歌を詠み、短冊にしたため宗盛に差し出す。宗盛はこれに心を打たれ帰国を許す。宗盛の気持ちの変わらぬうちにと、熊野はすぐ故郷に旅立つ――。

明るい春の情景と熊野の暗く沈む心象風景が、この演目のみどころでしょうか。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 聖武天皇祭 練り行列 2014
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2013
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2011 
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010
 ・東大寺 聖武天皇祭 舞楽奉納 2010



東大寺 聖武天皇祭 慶讃能1
仕舞 「船弁慶」より 撮影:2014/5/2 奈良市雑司町


東大寺 聖武天皇祭 慶讃能2
観世流能 「熊野」  牛車から見る春の京は喜ばしいが、心はひたすら母を案じる熊野 撮影:2014/5/2 奈良市雑司町


東大寺 聖武天皇祭 慶讃能3
花見の一座を喜ばせようと、桜の清水を讃えながら舞う熊野 撮影:2014/5/2 奈良市雑司町


東大寺 聖武天皇祭 慶讃能4
母を思う歌を詠み短冊にしたため宗盛に手渡す熊野 撮影:2014/5/2 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/05/09(金) 21:50:56|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2013

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2013

東大寺大仏の造顕を発願された聖武天皇を偲ぶ聖武祭では、伝統芸能である能楽の奉納が恒例となっています。

大仏殿での御忌法要が終わった午後3時から鏡池の特設水上舞台で、本年は観世流仕舞2曲、金春流仕舞1曲、最後に観世流の能『羽衣』が演じられました。

『羽衣』は昔話でもなじみのある羽衣伝説をもとにした能。そのあらすじは――
三保の松原に住む漁師が釣りに出たとき、松の枝に掛かった美しい衣を見つけます。家に持ち帰ろうとすると天女が現れ、「衣がないと天に帰れないから返して欲しい」と懇願され、天女の舞を見せてもらう代わりに、衣を返します。羽衣を着た天女は舞い続け、やがて霞にまぎれて消えていきます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2014
 ・東大寺 聖武天皇祭 練り行列 2013
 ・東大寺 聖武天皇祭(3) 慶讃能 2011 
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010
 ・東大寺 聖武天皇祭 舞楽奉納 2010



聖武祭 羽衣1
三保の松原の浜に釣りに出た漁師、松の枝に掛かった美しい羽衣を
見つけ、家宝として家に持ち帰ろうと… 撮影:2013/5/2 
奈良市雑司町


聖武祭 羽衣2
そこに現れた天女、羽衣を返して欲しいと迫り、代わりに天女の舞いを披露することとなり、羽衣をまとい舞い始める 撮影:2013/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 羽衣3
三保の松原の景色を称えて舞い、やがてテンポの速い囃子にのって
動きも激しく、舞を舞いつつ天高くのぼり霞にまぎれて消えていく 
撮影:2013/5/2 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2013/05/07(火) 12:28:29|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

東大寺 聖武天皇祭(3) 慶讃能 2011

東大寺 聖武天皇祭(3) 慶讃能 2011
  聖武天皇の御心を偲び、伝統芸能の能楽を奉納

国家の安泰と人々の幸せを願い大仏造像の偉業を成しとげた聖武天皇の御心を偲び、聖武天皇祭(例年5月2日)では能楽の奉納が慣わしとなっています。これに先立ち舞楽が奉納されましたが、今回は慶御忌讃法要が行われた大仏殿に居ましたので拝見できませんでした。

大仏殿での法要が終わった午後3時から、鏡池の水上舞台で観世流仕舞の『花筐(はながたみ)』と『野守(のもり)』、金春流仕舞の『船弁慶』、観世流能『歌占(うたうら)』が演じられました。ここでは『歌占』の舞台をご紹介いたします。

『歌占』のあらすじ
旅の途中で急死した伊勢二見の神職は3日後に蘇生。今は和歌で吉凶を占う(歌占)男巫女(シテ)となって諸国を回り、加賀の国白山の麓にやってくる。里人(ツレ)が別れた親を探す子供(子方)を連れてきて占ってもらうと、親の病は治り、すでに再会していると答えが出る。男巫女が不思議に思い身の上を問うと、親子だと知れる。奇しき再会を喜び、所望されて「地獄の曲舞」を謡ううちに狂乱する。やがて狂乱から覚め、親子は連れ立って故郷に帰って行く。(当日のパンフレットを要約)

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2014
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2013
 ・東大寺 聖武天皇祭 練り行列 2013
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010
 ・東大寺 聖武天皇祭 舞楽奉納 2010




聖武祭 慶讃能奉納1
鏡池の特設水上舞台で奉納された観世流『歌占』。里人(ツレ)が別れた父を探す子供(子方)を連れて登場。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 慶讃能奉納2
弓に付けた短冊を持つ白髪の男巫女(シテ)、里人、子供の3人が歌占いをめぐり話し合う。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 慶讃能奉納3
歌占いの結果、奇しくも親子であることが分り、嬉しさの余り子供に抱きつく。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 慶讃能奉納4
地獄のありさまを曲舞にて謡うという芸の披露を所望され、帰国の名残にこれを舞う。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 慶讃能奉納5
「地獄の曲舞」を謡うと神が乗り移り狂乱する。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


聖武祭 慶讃能奉納6
やがて狂いも覚め、再会した子供を連れて故郷の伊勢の国に帰って行く。撮影:2011/5/2 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/05/08(日) 18:39:09|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010

東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010
  聖武天皇をしのぶ「東大寺盧舎那大仏慶讃能」

大仏造立を発願した聖武天皇の遺徳をしのび命日に当たる2日、東大寺大仏殿前の鏡池に設けられた特設舞台で狂言、能などが行われました。雲ひとつない晴天、新緑に囲まれた池、GWのさなか、大勢の参詣者・観光客で賑いました。

奉納演目は 観世流仕舞「采女」、金春流連吟「勧進帳」、大蔵流狂言「飛越(とびこえ)」と続き、最後に 観世流能「橋弁慶」でした。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2014
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2013
 ・東大寺 聖武天皇祭(3) 慶讃能 2011
 ・東大寺 聖武天皇祭 慶讃能 2010
 ・東大寺 聖武天皇祭 舞楽奉納 2010




狂言 飛越1
大蔵流狂言「飛越(とびこえ)」 狂言の基本的な要素の罵り合い・なぶりを主眼とする筋立て
新発意(茂山千三郎 しんぱち=出家して間もない者)が檀家に誘われて茶の湯に行く途中、水かさの増した川にさしかかります。檀家は簡単に飛び越えますが、新発意は怖じ気づいて飛べません。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町


狂言 飛越2
それではと新発意は檀家(松本 薫)に抱えられて一緒に飛びますが、新発意だけ川にどぼん! 濡れ鼠のようだとからかう檀家を新発意はむきになって追いかけ、かつて小さな力士相手に情けない負け方をした檀家を笑い返します。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町


狂言 飛越3
ふたりは相撲で決着をつけようということに。新発意は相撲に勝ち、高笑いしながら逃げかえります。くやしい檀家は、相撲は3番勝負で決めるものだと追っかけます。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町



能 橋弁慶1
観世流能 「橋弁慶」 弁慶が五条大橋で牛若丸に負けて降参する、おなじみの筋書
五条橋に出かけた牛若丸(生一 庸)。大長刀を手にした弁慶(山中雅志)が優しい姿をした牛若に切りかかります。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町


能 橋弁慶2
弁慶は懸命に牛若丸に挑みますが、ひらりと長刀をかわされ、さんざんに翻弄されます。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町


能 橋弁慶3
ついに弁慶は降参。主従の契りを結び牛若丸に従います。撮影:2010/5/2 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2010/05/10(月) 12:43:05|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

ご案内

第6回 写真展 「私がとらえた大和の民俗―住―」 

■平成28年10月29日(土)~12月11日(日) ■奈良県立民俗博物館 玄関ホール ■詳しくは→こちら

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (58)
2月の祭り/行事 (79)
3月の祭り/行事 (68)
4月の祭り/行事 (58)
5月の祭り/行事 (60)
6月の祭り/行事 (52)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (74)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (68)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (72)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (8)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ