奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

談山神社 例大祭・舞楽奉納 2017

藤原鎌足公(中臣鎌足)を祭神とする談山神社では、公の命日にあたる11月17日、例大祭が行われます。祭典のなか、南都楽所(なんとがくそ)による舞楽「蘭陵王」1曲が奉納されます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・談山神社 紅葉 2017
 ・花便り 談山神社 アジサイ(紫陽花) 2016
 ・談山神社 嘉吉祭 2014
 ・談山神社 神幸祭 2014
 ・談山神社 秋のけまり祭 2014



談山神社 例大祭1
献饌=撮影 2017/11/17 奈良・桜井市多武峰


談山神社 例大祭2
舞楽「蘭陵王」=撮影 2017/11/17 奈良・桜井市多武峰


談山神社 例大祭3
宮司の玉串奉奠(ほうてん)=撮影 2017/11/17 奈良・桜井市多武峰

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2017/11/21(火) 20:38:42|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0

信貴山朝護孫子寺 柴燈護摩供・火渡り 2017

そろそろ紅葉の見ごろを迎える毎年11月3日、信貴山朝護孫子寺では、柴と護摩木を焚いて燃え盛る炎の中に不動明王を勧請し、真言を唱えながら諸願成就を祈る大護摩供が行われます。

斧・剣・弓を用いた修験の作法によって邪気を祓い祈願文奏上の後、大護摩壇に点火。生き物のように動き回る白煙は、やがて赤々と燃え盛る火炎となって護摩壇をおおいます。般若心経などを唱えながら修験者らが護摩木を炎の中に投入。(なお今回は「山伏の問答」や「松明の行」(こちら)はありませんでした。)

護摩作法のあとは護摩壇をくずし火渡りが行われます。修験者に続き参拝者は「七難即滅 七福即生」と書かれた祈祷串(火渡り御幣)を手に素足で火床を渡り、厄難消滅・無病息災などを祈るのです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
信貴山朝護孫子寺 柴燈護摩供・火渡り 2015
信貴山朝護孫子寺 柴燈護摩供・火渡り 2013
喜光寺 行基会大祭/柴燈大護摩供養 2017
大安寺 正御影供・火渡り 2017



朝護孫子寺 柴燈護摩供1
斧を大きく振りかぶり護摩壇を清める法斧の作法(壇木を切り出す様子を表した作法といわれる)=撮影:2017/11/3 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 柴燈護摩供2
護摩壇を前に不動明王の真言を唱える修験者=撮影:2017/11/3 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 柴燈護摩供3
護摩壇から立ち上る煙を御幣に移し、参拝者を清める大祇師=撮影:2017/11/3 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 柴燈護摩供4
火生三昧(かしょうざんまい)、火渡りの行=撮影:2017/11/3 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 柴燈護摩供5
「火渡り御幣」を手に持つ参拝者=撮影:2017/11/3 
奈良・生駒郡平群町信貴山

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2017/11/05(日) 20:46:04|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0

下部神社 吐山の太鼓踊り 2016

吐山(はやま)下部(おりべ)神社の秋祭りに奉納される太鼓踊り(県指定無形民俗文化財)は、もとは雨乞いと降雨への感謝として臨時に踊られた風流踊り。現在、7垣内毎に踊りの組が編成されています。当日、上(2組)、中(3組)、下(2組)の3つに分かれ、それぞれ「辻太鼓」を打ち、道中打ち込みながら宮入りします。

太鼓7面は拝殿前庭に横一列に並び、「干田(ひんだ)踊り」(大人と児童)に続き「松虫踊り」(児童)を披露。次いで「糸屋踊り」(大人)でしたが、この踊りは7年ぶりとか。最後に「納め踊り」(大人・児童)を踊りながら順次境内を退出します。

吐山小学校の郷土学習で学んだ児童有志(OBも含め)が「吐山太鼓踊り保存会」の大人と共に大活躍。その小学校は少子化の影響で、来春には統廃合されるよし。地域の伝統行事の継承をめぐる環境はいずこも同じで厳しい状況です。

しかし、「来年以降も児童への今ある学びの場を存続させ、太鼓踊りの伝統を守っていく」(元保存会会長)との頼もしい言葉が印象に残ります。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2013
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2012
 ・下部神社 吐山の太鼓踊り 2011
 ・恵比寿神社 吐山のおんだ祭 2015



吐山の太鼓踊り1
「打ち込み踊り」 太鼓1面に踊り手3人が回し打ち=撮影:2016/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り2
「松虫踊り」は大人と児童の共演。ササラを鳴らすのは厄払いの天狗。全体の指揮を執るオオシンボウチ(心棒打ち、青いシデ棒)。加えて太鼓1面につき赤いシデのシンボウチ2人と鉦叩き1人。=撮影:2016/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り3
「糸屋踊り」 踊り手が少ないためか、太鼓7面のうち3面のみ=撮影:2016/11/23 奈良市都祁吐山町


吐山の太鼓踊り4
「糸屋踊り」 色づく里山に届けとばかりに勇壮に。次の踊り手は太鼓の後ろで蹲踞して待つ=撮影:2016/11/23 奈良市都祁吐山町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/11/26(土) 22:16:39|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0

薬師寺 慈恩会 2016

修行僧が臨む厳しい試験 「竪義(りゅうぎ)」 が加わった慈恩会(じおんね)

法相宗の宗祖・慈恩大師の学徳を偲んで行われる「慈恩会」。問答を重ねて法相宗の教えを明らかにする論義法要と呼ばれる伝統法会のひとつ。大師の命日あたる13日夜、薬師寺興福寺で隔年交替で営まれますが、ことしは薬師寺で厳修されました。

法相宗の両寺から約30名の僧侶が合同でお勤め。ことしは一人前の法相宗僧侶と認められるための口頭試験に相当する「竪義」が加わり(2年ぶり)、長時間にわたる法要となりました。

三・七(21日間)の前加行を終え、厳しい竪義に挑んだのは薬師寺僧侶、村上定運さん。一生に一度といわれる慈恩会竪義の満行をみごと果たされました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺 慈恩会 2015
 ・興福寺 慈恩会 2013



薬師寺 慈恩会1
慈恩会が行われる大講堂に参向する僧侶ら(大衆)=撮影:2016/11/13 奈良市西ノ京町


薬師寺 慈恩会2
慈恩大師の肖像(国宝)を掲げて法要中の大講堂=撮影:2016/11/13 奈良市西ノ京町


薬師寺 慈恩会3
講堂前で入堂の案内を待つ竪者・村上定運さん。竪義(りゅうぎ)という厳しい問答に臨みます=撮影:2016/11/13 奈良市西ノ京町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/11/15(火) 16:14:06|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日大社 正遷宮奉祝行事 燈籠山 2016

正遷宮を祝い能登から燈籠山が飛火野に

20年に1度の「式年造替」が行われている春日大社。11月6日、ご祭神が新たな本殿に遷られる「本殿遷座祭(正遷宮)」が斎行されました。その奉祝行事のひとつとして催されたのが燈籠山(とろやま)曳きでした。

燈籠山は石川県珠洲市飯田町(能登半島の先端)に鎮座する春日神社の「おすずみ祭り」で見られる曳山です。祭りは「燈籠山祭り」とも呼ばれ、夏の暑い土用のころ、ご祭神に夕涼みとして海岸近くの御旅所にお出まし願ったのが始まりとか。

“春日”の名を冠する両神社というご縁でしょうか、このたびは能登から燈籠山が飛火野にやってきました。山車の上の人形は、春日大社のご祭神である武甍槌命(タケミカヅチノミコト)ということでした。

燈花会に彩られた飛火野に、すくっと立つ高さ約16mある絢爛豪華な燈籠山。そのさまは古都奈良の風景に合っているのかどうか、好みの分かれるところでしょうね。



春日大社 燈籠山1
飛火野に現れた能登の燈籠山(とろやま)=撮影:2016/11/11 奈良市飛火野


春日大社 燈籠山2
引綱を引いて10mほどをゆっくり移動。高さ16mもある曳山
の上体はゆらりゆらり=撮影:2016/11/11 奈良市飛火野

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/11/12(土) 21:45:22|
  2. 11月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (94)
11月の祭り/行事 (25)
12月の祭り/行事 (83)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (64)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (99)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (7)
写真展 (10)
花めぐり (1)
大和棟 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ