FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

大和神社 御弓始祭 2021

大和(おおやまと)神社では毎年1月4日に新しい年の邪悪を祓い平穏と豊穣を願って御弓始祭が行われます。弓馬術小笠原流の伝統儀式に則り、装束、用いる弓矢や射手等の所作すべてに厳格なきまりがあるという、古式豊かな武射系の奉射が行われます。

今年は新型コロナ禍の影響から行事の取りやめが心配されましたが、悪疫退散祈願をこめ神事は拝殿ではなく前の斎庭で執り行われたものの、ほぼ例年どおりに「弓始の儀」が斎行されました。

まずは「蟇目(ひきめ)奉射の儀式」。矢の先端に付けた鏑の形が蟇蛙の目に似ているところから蟇目といわれ、この矢を放つと風を切り「ヒュウ~」といった音を発することにより、魔障を退散させるといわれています。

ついで宮司、氏子総代、天理南中学校弓道部学生により奉射が続きます。最後に武家の「弓始め式」にならった「百々手式(ももてしき)」が披露されました。「百々手式」については少し詳しく⇒こちらに上げましたのでご参照ください。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大和神社 御弓始祭 2018
 ・大和神社 御弓始祭 2011
 ・大和神社 御弓始祭 2010



大和神社 御弓始祭1
祭典に臨み拝殿に参進する射手・奉行ら一行=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭6
まずは「蟇目の儀」――心静かに鏑矢(かぶらや)を番(つが)え、弓構えに入る蟇目の射手(県弓道連盟・新司正人氏)=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭2
的を見定め、まさに矢を放たんとする「会(かい)」の状態=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭3
宮司・塩谷陸男氏による奉射で矢が放たれた瞬間=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町



大和神社 御弓始祭4
天理南中学校弓道部の学生による奉射。二人ずつ的前に立ち、おのおの甲乙2本の矢を順次放ちます=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭5
弓と矢の「打ち起こし」。見てる方にも緊張がつのります=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭7
「百々手式(ももてしき)」の前弓の女性陣。すべてての過程が礼法に則って整然と行われ、大将(手前右の射手)から順に1~2秒の間を置いて矢が放たれる連射=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭8
後弓の男性陣。左の大将が一の矢の放ったところで、的の右側に飛翔する矢の白羽が見えます。直垂に風折烏帽子を被り小刀を帯し浅沓を履き、所作は優美です=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町


大和神社 御弓始祭9
後弓の射的が終わったあと、礼法にのっとり矢取(左)から介添に矢が戻されます=撮影 2021/1/4 奈良・天理市新泉町

スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2021/01/06(水) 13:05:38|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

秋留八幡神社 鬼打式 2020

三郷町勢野(せや)丘陵の大字・秋留(あきどめ)に鎮座する八幡神社には、氏神を祀る古くからの宮座組織が今も伝えられています。1月16日に「宮座十人衆」が集まり祭典行った後、烏帽子素襖(すおう)姿の一老・二老・三老が中心となって「鬼打ち」を行います。

正月に行われる弓の行事は、「的打ち」「弓引き」「鬼打ち」「ケイチン」などと、名称はさまざまですが、ここでは「鬼打式」と呼んでいます。一老は二老から弓矢を受け取り、天・地・東・西・南・北に順次矢を放ち、三老はこの矢を拾い集めます。最後に「鬼」と書いた的を射抜いて悪魔を払い、氏子の無病息災を祈ります。見事に的が射抜かれ、十人衆から「オー」と声が上がり拍手で神事が終わりました。

なお、「鬼」の的前の祭壇にはあらかじめ鰤(ぶり)の頭・お神酒・丸餅・洗米・塩・大根(角柱状に切って井桁に組んだもの)が供えらています。これは打たれる鬼への慈悲の食膳であるとのことです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・秋留八幡神社 鬼打式 2014
 ・秋留八幡神社 鬼打式 2013
 ・田原本八坂神社 華鎮祭 2016
 ・荒蒔勝手神社 ケイチン・鬼打ち 2014
 ・押熊八幡神社 卦亭(けいちん) 2013



秋留八幡神社 鬼打式1
「鬼」の的を前に一老から順に宮座十人衆が並び、鬼打ち儀式が始まる=撮影 2020/1/16 奈良・生駒郡三郷町勢野


秋留八幡神社 鬼打式5
「鬼への施し」であるという鰤(ぶり)のお頭・お神酒・丸餅・大根
(角柱状に切って井桁に組んだもの)・丸餅などのお供え=撮影
 2020/1/16 奈良・生駒郡三郷町勢野


秋留八幡神社 鬼打式2
天に向かって白羽の矢を射る一老さん。弓にはしなりの
ある木、モロンジョが使われています=撮影 2020/1/16 
奈良・生駒郡三郷町勢野


秋留八幡神社 鬼打式3
最後は鬼の的に一射(なんと至近距離から)=撮影 2020/1/16 奈良・生駒郡三郷町勢野


秋留八幡神社 鬼打式4
みごと的を射抜いた一老さん=撮影 2020/1/16 奈良・生駒郡三郷町勢野

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2020/01/17(金) 12:32:19|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

南市恵比須神社 初えびす 2020

鎌倉時代に開かれたとされ、当時の市場であった「南市」を守護する神社として篤い信仰を集めてきた南市恵比須神社。春日大社の末社のひとつ。祭神は事代主命(コトシロヌシノミコト)、すなわちエビス様。

場所は「商売のまち」として発展してきた奈良まちエリアのど真ん中、堂々とした鳥居がたちますが、境内はこじんまりしたもの。大賑わいを見せるのは年頭の初えびす。狭い路地に参拝客が溢れ、吉兆笹を求める人で行列ができます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・南市恵比須神社 初えびす 2015
 ・佐良気神社 春日の十日えびす 2019
 ・佐良気神社 春日の十日えびす 2016



南市恵比須神社 初えびす1
米俵や小判、小づちなどの縁起物が結びつけられた吉兆笹を求める人で賑わう=撮影 2020/1/5 奈良市南市町


南市恵比須神社 初えびす2
撮影 2020/1/5 奈良市南市町


南市恵比須神社 初えびす3
撮影 2020/1/5 奈良市南市町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2020/01/06(月) 13:07:10|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

若草山焼き 2019

火のまわりが残念な 今年の山焼き

寒風吹きすさぶ凍えるような一日でした。早くから場所取りのカメラマンが厳しい寒さもいとわず、わんさと詰めかけました。この日、26日は祝ぐ寿ぐまつりの各種催しものもあって、夜の朱雀門ひろばはライトアップされ、例年と異なって大賑わい。

今年は若草山に向かって朱雀門を左手に取り入れた構図で花火と山焼きを狙ってみました。朱雀門の南西にあった工場の移転にともない、撮影が可能となったわけです。しかし朱雀門に近いため打ち上げ花火の高さは相対的に低く見えます。強風のため花火もやや吹き流されました。

催しもののライトアップが邪魔でしたが、なによりも山焼きの火のまわりが悪かったですね。早朝の降雪で下草が湿っていたのが原因で、月末に改めて火が点けられました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・若草山焼き 2016
 ・若草山焼き 2015
 ・若草山焼き 2014
 ・若草山焼き 2013
 ・若草山焼き 2012
 ・若草山焼き 2011
 ・若草山焼き 2010


若草山焼き
撮影 2019/1/26 奈良市 平城宮跡から(10コマほどの多重合成)

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/01/28(月) 20:35:39|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり 2019

奈良県の冬の誘客イベントとして企画・開催されてきた「大立山まつり」。今年は新しく生まれ変わって「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐ(ほぐほぐ)まつり」が26・27日に開催されました。伝統芸能や奈良の特産品を活かした食、南都の寺の僧侶による講話、奈良時代を体感できるツアーなど、多彩な催しものが盛りだくさん。目移りして戸惑った方も多かったのでは?

朱雀門ひろばで26日に披露された大和の伝統芸能のごく一部を拝見。その中から「菅野の獅子舞」と「小川祭り」の様子をご紹介します。朱雀門前ならではの映像です。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・御杖村菅野 四社神社 秋祭り/獅子舞 2009
 ・丹生川上神社(中社) 小川祭 2011
 ・丹生川上神社(中社) 小川祭 2009



ちとせ祝ぐ寿ぐまつり1
「菅野の獅子舞」 四社神社の秋祭りに奉納される神楽獅子=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば


ちとせ祝ぐ寿ぐまつり2
丹生川上神社(中社)の秋祭りである「小川祭り」の太鼓台のお練り。 「サッセ、サッセ」の掛け声で重い太鼓台を高々と上げて練り歩く=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば


ちとせ祝ぐ寿ぐまつり3
大立山の四天王像が見守る前を威勢よく駆け抜ける太鼓台。8地区の太鼓台のうち、朱雀門ひろばにお出ましは2台でした=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば


ちとせ祝ぐ寿ぐまつり4
小太鼓を打ち鳴らす「乗り児」さん=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば


ちとせ祝ぐ寿ぐまつり5
見事な彫像をほどこした太鼓台の屋根は朱雀門とよくマッチ=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば


ちとせ祝ぐ寿ぐまつり6
朱雀門正面の東西に立つ多聞天を象った立像の大立山=撮影 2019/1/26 平城宮歴史公園 朱雀門ひろば

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/01/27(日) 22:12:06|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑です。

Copyright © 2009-2021 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (75)
2月の祭り/行事 (121)
3月の祭り/行事 (96)
4月の祭り/行事 (74)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (66)
7月の祭り/行事 (76)
8月の祭り/行事 (82)
9月の祭り/行事 (55)
10月の祭り/行事 (113)
11月の祭り/行事 (30)
12月の祭り/行事 (115)
花便り (178)
みち草まんだら (41)
新年のご挨拶 (8)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (75)
季節の風景・初夏 (8)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (76)
季節の風景・晩秋 (8)
季節の風景・冬 (14)
朝焼け・夕焼け (11)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (18)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (10)
大和棟 (5)
未分類 (2)
ならまち散策 (0)
街角点描 (1)
奈良の鹿 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ