奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

唐招提寺 うちわまき・舞楽 2018

唐招提寺の中興の祖・覚盛(かくじょう)上人(鎌倉時代)は、蚊に刺されても「血を吸わせるのも布施の行」と動じなかった高僧。上人の遺徳を偲んで命日に行われる法要、中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)に法華寺の尼僧たちがうちわを供えたのが、「うちわまき」のはじまりとされます。

講堂で営まれる法要と並行して中庭の特設舞台で舞楽奉納。演目は「振鉾(えんぶ)」(右舞のみ)、「陪臚(ばいろ)」、「蘭陵王(らんりょうおう)」、「納曽利(なそり)」でした。南都晃耀会・南都流舞楽伝承会のメンバーによります。

うちわ(宝扇)まきは法要と舞楽の終了後に鼓楼(国宝)から行われます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2017
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2016
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2014
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2012
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2011
 ・唐招提寺 うちわまき(中興忌梵網会)  2005・2006



唐招提寺 うちわまき・舞楽1
ひらひらと空を舞うハート形のうちわ(宝扇)に手が伸びる=撮影 2018/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき・舞楽2
舞楽「陪臚(ばいろ)」 鉾と盾を持ち、腰に太刀差して舞う勇猛な武舞=撮影 2018/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき・舞楽3
舞楽「陪臚(ばいろ)」 半ばで太刀を抜き、左手は剣印で舞うのが印象的=撮影 2018/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき・舞楽4
舞楽「蘭陵王」=撮影 2018/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき・舞楽5
舞楽「納曽利」=撮影 2018/5/19 奈良市五条町

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/20(日) 14:19:07|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

當麻寺 練供養会式 2018

中将姫が当麻寺で現身(うつしみ)のまま成仏されたという伝承を再現した練供養会式。「当麻寺二十五菩薩来迎会」として記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(国・記録選択)の指定を受けています。

まずは曼茶羅堂(本堂、このときに限り極楽堂という)と娑婆堂にて中将姫像前で勤行のあと、二十五菩薩が曼荼羅堂から来迎橋を練って娑婆堂に下ります。

娑婆堂では中将姫像(化身像)を観音菩薩の捧持する蓮座に移し、勢至菩薩が慈悲の手を差しのべて安座。往きとは逆の順で西方浄土(極楽堂)に向かいます。折からの西日を浴びて菩薩面が輝き、会式のハイライトといえる荘厳な二十五菩薩お練りの情景が出現します。

いつも似たような写真になりますので、今回はカメラをひいて撮ってみました。過去の記事も参照して戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・當麻寺 練供養会式 2017
 ・當麻寺 練供養会式 2016
 ・當麻寺 練供養会式 2015
 ・當麻寺 練供養会式 2014
 ・當麻寺 練供養会式 2013
 ・當麻寺 練供養会式 2012
 ・當麻寺 練供養会式 2011
 ・當麻寺 練供養会式 2010



當麻寺 練供養会式1
スクイボトケの愛称の観音菩薩。蓮座をかかげ曼荼羅堂を出て娑婆堂に下ります=撮影 2018/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式2
中将姫の化身(阿弥陀仏像)を蓮座に戴いた観音菩薩を先頭に、西方極楽浄土に向かう二十五菩薩ら=撮影 2018/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式3
地蔵菩薩(赤衣)に続く龍樹(緑衣)以降の菩薩群=撮影 2018/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式4
二十五菩薩列のあと、中将姫の御輿を先導する形で極楽浄土に進む天人のひとり。持ち物は華籠(けこ)=撮影 2018/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式5
最後尾、夕日に輝く中将姫の御輿=撮影 2018/5/14 奈良・葛城市當麻

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/16(水) 14:57:41|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

賣太神社 人形昇天祭 2018

古事記の編纂に携わった稗田阿礼を主祭神とする賣太(めた)神社は大和郡山市稗田の環濠集落に鎮座します。

思い出が詰まった人形や縫いぐるみ。なかなか捨てがたいものですが、大切にしてきた人形に感謝し、別れを告げる賣太神社の「人形昇天祭」は地域住民の要望で始まった行事。毎年子供の日に行われています。

神前供養を行ったあと、前庭に設けた斎場でお焚き上げが行われます。結界され、樫の小枝を立ててコの字形に囲んだなか、浄火に浮かび上がる人形を見ると複雑な感情が込みあげてきます。お焚き上げの間ずっと、宮司、権宮司さんの真心こもったお焚き上げ・供養の詞が奉唱されました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・賣太神社 阿礼祭 2010 
 ・正暦寺 人形供養 2017



賣太神社 人形昇天祭1
拝殿に並べられた人形群のお祓い。左側にもたくさんの人形などが置かれている(許可を得て撮影)=撮影 2018/5/5 奈良・大和郡山市稗田町


賣太神社 人形昇天祭4
お焚き上げの詞を奉読=撮影 2018/5/5 奈良・大和郡山市稗田町


賣太神社 人形昇天祭2
お焚き上げ=撮影 2018/5/5 奈良・大和郡山市稗田町


賣太神社 人形昇天祭3
撮影 2018/5/5 奈良・大和郡山市稗田町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/07(月) 10:54:29|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

久米寺 練供養 2018

来迎橋の上を二十五菩薩が本堂まで練る久米寺の来迎練供養会式。極楽往生を視覚化した仏教行事です。かつては 「久米レンゾ」の名で親しまれていたそうです。

レンゾは、多くは社寺の祭礼や会式の日に行われていたといいます。春の農繁期前の一日を「農休み」として社寺に集い、弁当を広げ酒も入ってくつろいだのでしょう。いまでは呼び名として「久米レンゾ」の他に、「當麻レンゾ」(當麻寺)、「釜の口レンゾ」(長岳寺)、「松尾レンゾ」(松尾寺)、「多レンゾ」(多神社)などが残っています。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・久米寺 練供養 2015
 ・久米寺 練供養 2014
 ・久米寺 アジサイ(紫陽花) 2015
 ・當麻寺 練供養会式 2017
 ・長岳寺 釜の口レンゾ(弘法大師大法会) 2015



久米寺 練供養1
式衆一行=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養2
式衆に続く稚児さんと大導師=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養3
二十五菩薩のお練り=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養4
二十五菩薩の先頭を進む観世音菩薩=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養5
捧持した阿弥陀仏像を左右上下に振りながら来迎橋を本堂に渡る観音さん=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養6
無邊身菩薩に寄り添う可愛い隋伴者=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/06(日) 20:37:59|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

氷室神社 献氷祭 2018

鯉と鯛を泳がせた氷柱が奉納される氷室神社の献氷祭

平城遷都のころ、御蓋山麓の吉城(よしき)川上流に氷室を作って氷室明神を祀り、711(和銅4)年に献氷の勅祭(献氷祭)が初めて行われたと伝わります。平安遷都のあと衰退していたところ、1912(明治45)年に復興、1960(昭和35)年から祭日を5月1日(それまでは7月15日)に変更し、現在に至っているそうです。

業界関係者による玉串奉奠の間、当社ゆかりの舞楽「納曾利(なそり)」が舞われました。午後から舞楽の奉納(南都晃耀会・南都流舞楽伝承会による)が行われましたが省略します。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・氷室神社 献氷祭 2017
 ・氷室神社 献氷祭 2016
 ・氷室神社 献氷祭の舞楽 2016
 ・氷室神社 献氷祭 2015
 ・氷室神社 献氷祭と舞楽 2014
 ・氷室神社 献氷祭 2013
 ・氷室神社 献氷祭 2012
 ・氷室神社 献氷祭 2010



氷室神社 献氷祭1
神前に供えられた氷柱2基=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町


氷室神社 献氷祭2
今年の氷柱には鯉と鯛が2匹ずつですが、例年は3匹
=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町


氷室神社 献氷祭3
全国冷凍氷業界物故者慰霊祭=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町


氷室神社 献氷祭4
本殿に氷業界代表者による奉幣が続きます=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町


氷室神社 献氷祭5
奉納舞楽「納曾利(なそり)」=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町


氷室神社 献氷祭6
「氷紋樹」 氷柱の上面に自然に現れた紋に出会いました=撮影 2018/5/1 奈良市春日野町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/02(水) 11:08:49|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (68)
2月の祭り/行事 (100)
3月の祭り/行事 (83)
4月の祭り/行事 (65)
5月の祭り/行事 (70)
6月の祭り/行事 (57)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (94)
11月の祭り/行事 (25)
12月の祭り/行事 (96)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (63)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (112)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (7)
写真展 (10)
花めぐり (2)
大和棟 (1)
未分類 (1)
季節の風景・晩秋 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ