FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

春日大社 夏越大祓式 2020

はや今年も半年が過ぎました。新コロナ感染のニュースが中国・武漢から流れて以来、感染拡大がとどまらずパンデミック(世界的大流行)の脅威にさらされ、非日常の日々が続いた半年でした。大和でも古くからの伝統行事や祭事が中止、非公開、あるいは規模縮小の事態となっていました。6月に入って非常事態宣言が解かれたとはいえ、神職・僧侶や少数の関係者のみなど、まだまだ大幅な制限下で執行されています。

さて6月30日は夏越の大祓の日。半年の間に心身についた罪や穢れを祓い清め、茅の輪をくぐる伝統の神事が各地で行われます。春日大社では一般参拝者は参加できないとのことでしたが、遠くからでもと、久しぶりなので足を運んでみました。

ところが問題は、「マスク」 でした。雨の中、急ぎ足で掛けつけたところメガネが曇って見えません。ファインダーの視界はおぼろ。カメラ操作はままならず、クライマックスの1分間ほどが無残に過ぎ去ったのでした(シャッターは当てずっぽう)。雨、傘、汗、メガネ、マスク・・・。臨機応変にマスクは外せばよかったのにと、後から気づいた失敗の巻。

関連記事(当管理者の関連写真記事へリンク)
 ・春日大社 夏越大祓式 2012
 ・春日大社 年越大祓式 2012
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2019
 ・大和神社 夏越の大祓式 2019
 ・東大寺 解除会 2013



春日大社 夏越の大祓3
鳥居から茅の輪に向かう神職一行。雨のため緋袴姿の巫女の姿はありませんでした=撮影 2020/6/30 奈良市春日野町


春日大社 夏越の大祓2
差し掛け傘を気にしながら茅の輪をくぐる花山院宮司。このあと到着殿にて大祓の祭典を斎行=撮影 2020/6/30 奈良市春日野町


春日大社 夏越の大祓1
一般参拝者はめいめい8の字に茅の輪をくぐります(祭典には参列できず)=撮影 2020/6/30 奈良市春日野町


春日大社 夏越の大祓4
<参考> 例年なら参拝者の身の穢れを移した紙の「人形(ひとがた)」を、
このように神職が水谷川に流すところ、今年は雨のため行われませんでした=
撮影 2017/6/30 奈良市春日野町

スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2020/07/01(水) 16:10:32|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0

大和神社 夏越の大祓式 2019

1年の前半分が終わる最後の日、6月30日には多くの神社で「夏越(なごし)の大祓式」が行われます。

神社によって名称は少し異なる場合がありますが、その本旨は半年の間に身につもった罪穢れを祓い清め、身も心も清々しい本来の姿を取り戻して、残る後半年を健康に過ごせるようにと祈願する神事です。

大和(おおやまと)神社では、宮司の大祓詞奏上のあと全員が切り幣(ぬさ)を自分の体に振りかけて罪穢れをぬぐいます。ついで無病息災を願って茅の輪くぐり抜けます。当神社の茅の輪は、茅(ちがや)を編んでその葉を剪定しないため、いかにも“茅の輪ですよ”といった風情があります。最後にお神酒を戴きます。 

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大和神社 夏越の大祓式 2010
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2019
 ・龍田大社 夏越大祓 2018
 ・綱越神社 おんぱら祭 2018



大和神社 夏越大祓2
綿布と麻布を八つに切り裂く「裂布の儀」=撮影 2019/6/30 奈良・天理市新泉町


大和神社 夏越大祓3
神職(中央は塩谷宮司)に続いて全員が古歌の「水無月の 夏越の祓いする人は 千歳の命 延ぶといふなり」と唱和しながら8の字を描くように茅の輪をくぐり抜けます=撮影 2019/6/30 奈良・天理市新泉町


大和神社 夏越大祓4
宮司に続く役員さんは金色の御幣をもって茅の輪をくぐります=撮影 2019/6/30 奈良・天理市新泉町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/07/02(火) 21:11:37|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0

大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2019

早いもので今年(令和元年)も半年が経ちました。6月の末日は、その半年の間に心身につもった罪穢れを祓い清めて次の半年の無病息災を祈願する行事、「夏越(なごし)の大祓式」が各地多くの神社で営まれます。

自分の身代わりとなる「人形(ひとがた)」に罪穢れを移し、茅(ちがや)で編んだ大きな輪、「茅(ち)の輪」をくぐれば神様のご加護をいただけ、災厄や病気を免れることができるといわれています。毎年これを愉しみにして参詣する人々大勢がいます。

今年は大雨に見舞われたため、開催時間によっては変更を余儀なくされた神社も多かったようです。奈良の一部地域では午後2時ころからひどい風雨に見舞われました。

大神(おおみわ)神社では午後3時開始の祭典はつとに祈祷殿内に変更と予告されていましたが、前庭で行う「茅の輪くぐり」の実施が危ぶまれる状況でした。ところが幸いにも神事が終わるころに降雨はおさまり、既定通り茅の輪くぐりが行われました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大神神社 夏越の大祓(みわの茅の輪神事) 2011
 ・龍田大社 夏越大祓 2018
 ・綱越神社 おんぱら祭 2018
 ・往馬大社 夏越大祓 2016
 ・石上神宮 夏越の大祓式 2015
 ・法華寺 蓮華会式 2015



大神神社 夏越大祓1
拝殿前に設置された、三ツ鳥居にちなむ三つの大きな「茅の輪」(6月22日~7月7日の間設置)。三つの茅の輪の頂点には(左から順に)榊・杉・松の小枝が取り付けられている=撮影 2019/6/30 奈良・桜井市三輪


大神神社 夏越大祓2
雨のなか、大祓式の斎場(祈祷殿)に参向する神職一行=撮影 2019/6/30 奈良・桜井市三輪


大神神社 夏越大祓3
雨のためか神職とは別に、祈祷殿の外廊から入場する巫女たち=撮影 2019/6/30 奈良・桜井市三輪


大神神社 夏越大祓4
祈祷殿前に設置された茅の輪をくぐる鈴木宮司をはじめとする神職と一般参加者。古歌 「水無月の夏越の祓いする人は 千歳の命 延ぶといふなり」 と唄いながら、茅の輪を右回り、左回り、右回りで3回くぐり抜けます=撮影 2019/6/30 奈良・桜井市三輪

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/07/01(月) 22:09:53|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0

小綱町 すももの荒神さん 2019

橿原市小綱(しょうこ)町の三宝荒神跡(飛鳥川堤)に建つ小さなお堂に鎮座する荒神さんのお祭り。荒神像は、ふだん入鹿神社・正蓮寺大日堂(小綱町文化財保存会の管理)に祀られていますが、年に1度6月28日だけこちらに遷してお祭りが行われます。お祭りのあるのが、すももの収穫される時期にあたるところから「すももの荒神さん」と親しく呼ばれています。

この日に浴衣を着て参拝すると厄除けになるといわれており、浴衣を着た女の子たちがお参りのあと、通りの露天を愉しんでいる姿がほほえましく、まさに初夏の風景です。橿原市では最も早い夏祭りだといわれます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・小綱町 すももの荒神さん 2011
 ・笠山三宝荒神社 春の大祭 2010
 ・小綱町 入鹿神社 野神さん 2018



すももの荒神さん1
祭典に列席の町の諸役員さんたち。男衆は麻入りの白浴衣に黒帯と草履、女衆はおそろいのスモモ(?)の花柄をあしらった浴衣とえんじ色の帯に下駄ばきの姿=撮影 2019/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん2
神職(入鹿神社宮司?)による修祓=撮影 2019/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん3
スモモ(李)の神饌など(許可を得て撮影)=撮影 2019/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん4
華やぐ浴衣姿で連れ立ってお詣り。「ゆかた祭り」でもあります=撮影 2019/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん5
どれにしようかな?露店をおばあちゃんと一緒に=撮影 2019/6/28 奈良・橿原市小綱町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/06/29(土) 17:48:48|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0

山添村切幡 虫送り 2019

虫送りは稲の害虫駆除を目的として、鉦や太鼓を打ちながら松明を持って集落を練り歩き害虫を村境まで送り出すという、古くから各地の農村で行われてきた風習です。豊作を祈願するとともに駆除された虫を供養する意味もあります。戦後しばらくまで、多くの農村に残っていました。現在、数は少ないながら、奈良では6月16日や夏至の前後、また七夕に合わせて行う集落があります。

それにしても「虫送り」に実効的な効果は期待できると思えませんが、古くは害虫被害は悪霊がもたらすものという考えがありました。経文・呪文を唱えながら、松明の「火」でもって悪霊である虫を村はずれまで送る(追い払う)という、神仏の加護に頼らざるを得なかった時代の名残り、といってしまうと風情がなくなりますね。「火」と神仏との呪術的な深い関係が読みとれます。

夏至の日に行われた切幡の虫送りを拝見しました。集落の少し高い位置に建つ極楽寺(融通念仏宗)境内で松明に燈明の火を移し、畦道を経て国道を集落の境まで歩きます。徒歩で20分ほどの行程です。長老いわく「小さいころから、虫送りの唄みたいなもん なかったなぁ」と。軽トラに載せた太鼓(平太鼓)の音が行列のあとを追います。あいにくの小雨が降る時間帯でした。小雨に濡れるのもいとわず、粛々と虫送りが行われました。ここでは法要や祈祷札もありません。長く伝承されてきた切幡の虫送り行事です。初夏の幻想的な風物詩――いつまでも残していただきたいものです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・室生染田 虫送り 2019
 ・天理市 山田の虫送り 2010
 ・奈良阪(西福寺) 善城寺の虫供養 2016



切幡 虫送り1
極楽寺境内にて各自の竹製松明に燈明から点火=撮影 2019/6/22 奈良・山辺郡山添村切幡


切幡 虫送り2
太鼓の音を合図に極楽寺を出発=撮影 2019/6/22 奈良・山辺郡山添村切幡


切幡 虫送り3
農道を進む松明の行列。稲の背丈が伸びているため、田の水面に松明の灯りが映りません(すべての写真は手持ち撮影)=撮影 2019/6/22 奈良・山辺郡山添村切幡


切幡 虫送り4
小雨降るなか国道を練る虫送りの一行。半鐘が夜空にかすかに浮かんでいます=撮影 2019/6/22 奈良・山辺郡山添村切幡


切幡 虫送り5
国道筋の村境(集落を流れる遅瀬川の土手上)に虫送りの松明を積み上げて燃やします。念仏や祈祷札もなく解散(子供たちにはお寺でお菓子が配られるようですが未確認)=撮影 2019/6/22 奈良・山辺郡山添村切幡

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/06/23(日) 22:08:35|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑です。

Copyright © 2009-2020 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (74)
2月の祭り/行事 (117)
3月の祭り/行事 (94)
4月の祭り/行事 (72)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (66)
7月の祭り/行事 (73)
8月の祭り/行事 (81)
9月の祭り/行事 (52)
10月の祭り/行事 (111)
11月の祭り/行事 (29)
12月の祭り/行事 (113)
花便り (150)
みち草まんだら (18)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (73)
季節の風景・初夏 (6)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (70)
季節の風景・晩秋 (7)
季節の風景・冬 (12)
朝焼け・夕焼け (10)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (13)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (9)
大和棟 (5)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ