奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

震災復興祈願 あゆみ観音(完成) 2014

震災復興祈願 あゆみ観音(完成) 2014

東日本大震災復興を祈願して奈良を中心に進められてきた「あゆみ観音プロジェクト」。“奇跡の一本松”で知られる岩手県陸前高田の松の流木を彫りすすめて、「あゆみ観音」と名づけられた童形の観音像がいよいよ完成しました。

制作に当たっては長谷寺、當麻寺中之坊、東大寺、唐招提寺、信貴山、岡寺、壷坂寺など25か寺を巡回して「鑿入れ式」を行い、5千人以上の「一人一刀」の支援があった由。「あゆみ観音さま」が復興への「あゆみ」を後押ししてくださることを祈念して、7月に陸前高田市に奉納の予定とのことです(あゆみ観音プロジェクト実行委員会)。

像の完成を記念して當麻寺中之坊での公開をかわきりに、東大寺大仏殿にて特別公開(5月20~31日)が行われました。昨年始まった「鑿入れ式」の一端をアップしたご縁で、完成した「あゆみ観音」像をご紹介したいとおもいます。「あゆみ観音プロジェクト」のHPはこちら

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・震災復興祈願 あゆみ観音プロジェクト(鑿入れ) 2013



あゆみ観音(完成)1
「観音さまに手を引かれて歩きはじめる天童女の姿をイメージ」
(あゆみ観音プロジェクトHP) 像高850mm、総高1300mm 
撮影:2014/5/22 奈良市雑司町


あゆみ観音(完成)2
撮影:2014/5/22 奈良市雑司町

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/05/28(水) 16:11:15|
  2. 慰霊と復興への祈り
  3. | コメント:2

震災復興祈願 あゆみ観音プロジェクト(鑿入れ) 2013

震災復興祈願 あゆみ観音プロジェクト(鑿入れ) 2013
  被災の松に 一人一刀の鑿入れで 観音さまを彫る

東日本大震災の前までは、数万本もの松が植えられ美しい景勝地であった高田松原(岩手県陸前高田市)。津波で無残にもなぎ倒された松材で観音像を彫り、被災地に届ける「あゆみ観音プロジェクト」が奈良を中心に進められています。

被災地の復興に心を寄せる多くの人々の「一刀の鑿(のみ)入れ」の積み重ねで、「あゆみ観音」を彫り進めるというもの。削り取った木片はお守り袋に入れ、結縁の証あるいは観音の分身・お守りとします。

當麻寺で3月10日に「鑿入れ式」がスタート。以降、唐招提寺や東大寺など奈良の寺院多数のほか、県外のお寺などで行われ、夏には東北も回る予定とのこと。

復興の願いがこもった「あゆみ観音」の誕生が楽しみです。来年3月11日頃に完成予定で、當麻寺中之坊にて仮開眼法要。プロジェクトの詳細はこちら

写真は大安寺で行われた「鑿入れ」の一場面……。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・震災復興祈願 あゆみ観音(完成) 2014



あゆみ観音プロジェクト1
大安寺にて「あゆみ観音」の鑿(のみ)入れ。大仏師・渡邊勢山さんの介添えで、好みの箇所に鑿を入れることができます。左端にあゆみ観音の完成予想図。右端は鑿入れを見守る、プロジェクト代表の當麻寺中之坊・松村實昭院主 撮影:2013/6/23 奈良市大安寺


あゆみ観音プロジェクト2
竹供養で賑わう大安寺境内にて、「あゆみ観音鑿入れ式」の立て看板横で「一人一刀」を呼びかける當麻寺のお坊さん 撮影:2013/6/23 奈良市大安寺

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2013/06/27(木) 22:34:05|
  2. 慰霊と復興への祈り
  3. | コメント:0

東大寺と鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2012

東大寺鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2012
  東日本大震災犠牲者の慰霊と被災地復興への神仏合同の祈り

東大寺大仏殿にて7月21日、同寺と鶴岡八幡宮とが合同で、先の大震災の犠牲者の慰霊とともに、被災地の復興に神仏の加護があるよう、祈りが捧げられました。今回で第3回目となります。

導師の東大寺・北河原公敬別当が祈願文を読み上げ、僧侶一同により『大般若経』600巻を転読。斎主の鶴岡八幡宮・吉田茂穂宮司が祝詞を奏上し、巫女が四海の平穏、国家安泰を祈る神楽「浦安の舞」を奉奏しました。

今回は南相馬ジュニアコーラスアンサンブル(福島県南相馬市)が特別参加し、「ふるさと」「明日という日が」の歌声を大仏殿に響かせました。

なお、東大寺鶴岡八幡宮との関係については前回に触れました。併せてご覧戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺と鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2011



東大寺 合同の祈り1
大仏殿に進む東大寺僧侶と鶴岡八幡宮神職・巫女の列 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り2
巫女の艶やかなうしろ姿 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り3
大仏前で大祓詞(おおはらえことば)を斉唱する鶴岡八幡宮の神職 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り4
東大寺僧侶による『大般若経』600巻の転読 
撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り5
大仏に祈りを捧げる斎主。めったにお目に掛かれない情景(大仏の尊顔は残念ながら許された位置からは写し込めません) 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り6
神楽「浦安の舞」を仏前に捧げる鶴岡八幡宮巫女 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


東大寺 合同の祈り7
大仏殿を退出した僧侶と神職が左右に分かれて居並ぶなか、導師と斎主がそれぞれ舞楽台上で参列者に挨拶中 撮影:2012/7/21 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/07/22(日) 21:55:16|
  2. 慰霊と復興への祈り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東大寺と鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2011

東大寺と鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2011
  東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り
         
東大寺では大仏殿で9月18日夜、鶴岡八幡宮(鎌倉市)と神仏合同による標記の「祈り」が行われました。この合同催事は今回で2度目(前回は去る6月12日、鶴岡八幡宮舞殿にて)。一人でも多くの方の参加をとの東大寺の呼びかけに、一般参列者としてお祈りに加えて戴きました(参列者は約400人?)。 
        
東大寺と鶴岡八幡宮との関係は、鎌倉時代に重源(ちょうげん)上人が大仏殿を復興した際、源頼朝公の支援を受けたことから深まったとのこと。

当夜は午後6時30分、導師・東大寺 北河原公敬別当以下僧侶ら、ならびに斎主・鶴岡八幡宮 吉田茂穂宮司以下神職らが2列となって中門を経て大仏殿壇上に進み着座。今回は東大寺鎮守の手向山八幡宮の上司延訓宮司も参加されました。

参列者一同起立し、盧舎那仏坐像(大仏)に三礼して行事が始まりました。導師が祈願文を読み上げ、僧侶14人が『大般若経』600巻を転読。斎主の祝詞(のりと)奏上、上司宮司の祭詞奏上などに続いて鶴岡八幡宮の巫女8人により、四海(しかい)平穏=国家安泰を祈る神楽「浦安(うらやす)の舞」が荘重に舞われました。

僧侶の声明と神職の大祓詞の斉唱。どちらも広い大仏殿の空間に高く低くうねりとなって、あるいは清らかに朗々と響き渡りました。捧げられた祈りが、犠牲となられた多くの御霊(みたま)に届き、また被災地の復興に神仏の加護が及ぶことを心から願っております。

この合同催事は来年以降も震災地の復興を見届けるまで続けるそうです。なお、東大寺単独でも東日本大震災の法要が去る8月13日に大仏殿ですでに営まれています。

大仏殿内の撮影は不許可ですので、外での様子の一端をご紹介します。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺と鶴岡八幡宮 慰霊と復興への祈り 2012
 ・東大寺大仏殿 観相窓から大仏尊顔 2012



神仏合同の祈り1
八角灯籠を分けて大仏殿に進む東大寺の僧侶ら(左側)と鶴岡八幡宮の神職ら(右側)。撮影:2011/9/18 奈良市雑司町


神仏合同の祈り2
八幡宮の8人の舞姫(巫女)。後ほど大仏尊像の前で典雅な「浦安の舞」を奉納。大仏殿ではめったに観ることのできない状景でしたが、禁撮影ですので、せめて上堂の巫女さんの姿をここに。撮影:2011/9/18 奈良市雑司町


神仏合同の祈り3
法要が終わった後の大仏殿。観相窓が開かれ大仏さんのお顔を拝めるのは正月とお盆の年2回のみですが、今宵は特別。大仏さんのお膝の下で法要を済ませたばかりの参列者の多くが、改めて手を合わせたり、写真を撮ったり、感慨にふけっているようでした。撮影:2011/9/18 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/09/20(火) 21:38:07|
  2. 慰霊と復興への祈り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (52)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (89)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ