FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

興福寺 中金堂 2019

約300年ぶりに中金堂が創建時の姿に復元され、盛大な落慶法要が営まれたのは昨年2018年10月7~11日。初めてライトアップされた中金堂の秀麗な姿を別項(→こちら)に紹介しました。今回は光が建物全体にいきわたる曇り日を選んで撮影したもので、興福寺の今までにはなかった光景です。

堂内は釈迦如来坐像、脇侍の薬王菩薩・薬上菩薩、四天王立像、吉祥天像(厨子入り)、法相柱(法相宗の祖師を描いた画像)などが迎えてくれます(撮影禁止)。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺 ライトアップの中金堂 2018
 ・興福寺旧境内 瓦窯跡 2017
 ・興福寺 中金堂の鬼瓦(再建現場) 2015
 ・興福寺 中室・経蔵・鐘楼の発掘調査 2015



興福寺 中金堂1
創建(710年)当時の様式で復興された中金堂=撮影 2019/1/10 奈良市登大路町


興福寺 中金堂2
中金堂から見た興福寺境内の新しい光景=撮影 2019/1/10 奈良市登大路町

スポンサーサイト



テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/11(金) 16:12:14|
  2. 大和の古社寺
  3. | コメント:0

興福寺 ライトアップの中金堂 2018

300年ぶりに姿を現した中金堂

世界遺産の興福寺。伽藍の中心たる中金堂は8世紀の創建以来7度の焼失を受け、再建は悲願であったといいます。創建1300年を迎えた今年10月、約300年ぶりに中金堂の再建が完了しました。盛大な落慶法要が去る10月7日から5日間に営まれましたが、招待者のみ参列。一般拝観は20日から始まりました。

10月7日からはライトアップされ、天平の姿でよみがえった中金堂(夜間特別拝観可能)の威容が浮かび上がり、数秒で変化する多様な彩を愉しめます。ライトアップは11月11日まで。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺 中金堂 2019
 ・興福寺旧境内 瓦窯跡 2017
 ・興福寺 中金堂の鬼瓦(再建現場) 2015
 ・興福寺 中室・経蔵・鐘楼の発掘調査 2015


興福寺 中金堂1
300年の時を経てよみがえった興福寺中金堂(手持ち撮影)=撮影 2018/11/2 奈良市登大路町

テーマ:夜景 - ジャンル:写真

  1. 2018/11/04(日) 12:35:04|
  2. 大和の古社寺
  3. | コメント:0

興福寺旧境内 瓦窯跡 2017

奈良県立博物館の北隣接地(かつての興福寺境内にあたる場所)で、平安時代から鎌倉時代初期に瓦を焼いた窯跡群、合わせて9基が見つかりました。いずれも有牀(ゆうしょう)式平窯と呼ばれるものです。(県立橿原考古学研究所の調査)

このうち最も新しい窯(南端に並ぶ4基)は、南都焼き討ち(1181年)で焼失した興福寺伽藍の再建時に、瓦を焼いて供給していていた可能性が高いとしています。

遺構の一部は調査のため既に壊されていて分かりにくいですが、現地説明会時の写真をあげます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺 中室・経蔵・鐘楼の発掘調査 2015
 ・興福寺 中金堂の鬼瓦(再建現場) 2015



興福寺旧境内 瓦窯跡群1
瓦窯遺構面の全景(北東から)=撮影 2017/11/11 奈良市登大路町


興福寺旧境内 瓦窯跡群2
有牀式平窯の一つ(窯F、南から)。古い瓦を重ねて瓦を焼く“棚”としている(次図参照)=撮影 2017/11/11 奈良市登大路町


興福寺旧境内 瓦窯跡群3
有牀式平窯の様式図=撮影 2017/11/11 奈良市登大路町


興福寺旧境内 瓦窯跡群4
背後に見えるのは窯F=撮影 2017/11/11 奈良市登大路町


興福寺旧境内 瓦窯跡群5
調査地の遠景。背後に若草山が覗く=撮影 2017/11/11 奈良市登大路町

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/12(日) 13:38:40|
  2. 大和の古社寺
  3. | コメント:0

東大寺 大湯屋公開 2017 

二月堂への裏参道の脇に建つ大湯屋の内部が初めて一般公開されました。

大湯屋は鎌倉時代に東大寺の復興に尽力した重源上人が再建したとされます。中世の浴室の遺構として貴重なもで、内部には鉄製の大きな湯船が据えられています。建物とともに重要文化財です。

通常は非公開ですが、鉄湯船の劣化を防ぐ作業が終わったのを機に、特別公開の期間(7月の1か月間)が設けられたのです。

2010年に光明皇后の遠忌法要の際、その無事を祈るため蜂起之儀(ほうきのぎ)の集会がここ大湯屋で行われたことを思い出します。しかし扉を少し開けて僧侶が身を滑らせるように入室するだけで、内部は全く窺えませんでした。この機会に中世の浴室の様子を見てみようと出かけました。

内部は前室、浴室、その後ろの煙出し付き釜場に3区分されています。浴室では湯につかるのではなく、かけ湯をしたり、蒸気を浴びたりしたと考えられています。800年ほど前、お坊さんや復興に携わった人々が和気あいあいと湯を使い英気を養ったであろうことを想像し、その貴重な遺構が残っていることに感動を覚えます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 蜂起之儀 2010



東大寺 大湯屋1
鉄湯船は、直径約2.3m、高さ約80cm、井桁の上に乗せた状態で展示されている。中央には16cmほどの水抜き穴があり、土間の穴から排水したようです=撮影:2017/7/25 奈良市雑司町

東大寺 大湯屋2
唐破風屋根付きの風呂屋形(浴室)正面=撮影:2017/7/25 奈良市雑司町


東大寺 大湯屋3
開放的な柱間。浴室はじめ大湯屋全体的に湿気を外に逃がすように工夫さている=撮影:2017/7/25 奈良市雑司町

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/31(月) 15:29:27|
  2. 大和の古社寺
  3. | コメント:0

興福寺 中室・経蔵・鐘楼の発掘調査 2015

興福寺では「興福寺境内整備基本構想」に基づいて、中金堂の復元など着々と整備が進められています。その一環として今年の10月から始まった中室(なかむろ)・経蔵・鐘楼の発掘調査についての現地説明会がありました。

今回の調査域は伽藍中枢部(中金堂周辺)にあたります。それぞれ創建当時の建物の基壇の一部や建物周辺の石組溝・玉石敷が出土し、建物規模が確認されるなどの貴重な知見が得られたと説明がありました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺旧境内 瓦窯跡 2017
 ・興福寺 中金堂の鬼瓦(再建現場) 2015



興福寺 発掘調査1
経蔵の礎石、柱穴、基壇、石組溝、玉石敷など(北西隅から、背後は東金堂と五重塔)=撮影:2015/12/20 奈良市登大路町


興福寺 発掘調査2
奈良時代に僧侶が生活していた中室(東僧坊)で見つかった奈良火鉢=撮影:2015/12/20 奈良市登大路町

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/27(日) 17:38:48|
  2. 大和の古社寺
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (72)
2月の祭り/行事 (105)
3月の祭り/行事 (87)
4月の祭り/行事 (72)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (65)
7月の祭り/行事 (73)
8月の祭り/行事 (78)
9月の祭り/行事 (44)
10月の祭り/行事 (103)
11月の祭り/行事 (27)
12月の祭り/行事 (107)
花便り (138)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (73)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (66)
季節の風景・晩秋 (5)
季節の風景・冬 (12)
朝焼け・夕焼け (8)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (9)
大和棟 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ