奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

東大寺界隈 名残の秋 2010

東大寺界隈 名残の秋 2010

そろそろ紅葉・黄葉の季節も終わりに近づいてきました。そして師走もすぐ。あちらこちらで冬支度が始まっています。

陽気に誘われ東大寺境内とその周辺を歩いてみました。5日前には、まだ葉に覆われていた東塔跡の大銀杏がすっかり落葉していました。ここ2、3日の朝の冷え込みと風によって散ったようです。銀杏の葉の絨毯の傍でもみじがきれいに色づき、晩秋の日差しを受けてたむろする鹿の姿が心なしか侘しげにうつりました。

関連記事(当管理者の写真記事へのリンク)
 ・東大寺 名残の秋 2011
 ・東大寺 紅葉 2012
 ・東大寺 紅葉 2011
 ・東大寺界隈 紅葉 2010
 ・暮れゆく秋 東大寺界隈 2009



東大寺 名残の秋2
紅葉に染まる吉城川 撮影:2010/11/29 奈良市雑司町


東大寺 名残の秋1
晩秋の陽だまりで 撮影:2010/11/29 奈良市雑司町



東大寺 名残の秋3
鹿、大仏池に集う 撮影:2010/11/29 奈良市雑司町


東大寺 名残の秋4
若草山、晩秋の装い 撮影:2010/11/29 奈良市雑司町

スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/30(火) 15:14:15|
  2. 季節の風景・秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生駒山 山染まる 2010

生駒山 山染まる 2010

大阪府と奈良県の北部を分ける生駒山地(山頂の標高642m)。古来から人々の往来を阻む難所のひとつでした。河内と大和を結ぶ歴史的な道が暗がり越え奈良街道

大阪から枚岡を経へて暗峠(標高450m)を越え、小瀬(おぜ)から桎木(むろのき)峠(標高270m)を越えて奈良にいたる街道ですが、現在の国道308号線がそれ。国道とはいえ暗峠付近は小型車が1台やっと通れる道幅です。しかし、ことに江戸時代には「天下の台所」の大阪と奈良を最短距離で結ぶ幹線道路として賑わったそうです。

往時の人々に思いをはせ、生駒山を散策し久しぶりに暗峠から萩原(南生駒)まで下ってみました。驚いたことに、竜田川の流れる南生駒付近はもちろん、小瀬の高台からでさえ、生駒の全山容は建物に遮られて満足に見えなくなっていました。15~20年くらい前には生駒山の全容を目にすることができたのに。生駒谷も住宅地としてずいぶん開発されたものです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・生駒山 暗峠・棚田の秋 2015
 ・生駒山 小さい秋 2014
 ・生駒山 暗峠・西畑の棚田 2012
 ・生駒山 ツツジ 2010
 ・宝山寺 彼岸万燈会 2013



生駒山 紅葉3
テレビアンテナなどが立ち並ぶ生駒山山頂付近=撮影:2010/11/27 奈良・生駒市藤尾町


生駒山 紅葉1
暗峠を下ったところから生駒谷を俯瞰。色づいた矢田丘陵の向こうが奈良盆地、その奥が大和高原=撮影:2010/11/27 奈良・生駒市西畑町


生駒山 紅葉2
秋色に染まる尾根(暗がり街道の南尾根)=撮影:2010/11/27 奈良・生駒市西畑町


生駒山 紅葉5
生駒山山頂付近の全容=撮影:2010/11/27 奈良・生駒市小瀬町


生駒山 紅葉4
生駒山の山腹にある宝山寺裏の岩山、般若窟(はんにゃくつ)。山岳信仰の対象となり、役小角(えんのおづぬ)が般若経を書写して納めたという伝説が残る岩窟=撮影:2010/11/27 奈良・生駒市小瀬町


テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/28(日) 22:11:33|
  2. 季節の風景・秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東大寺界隈 紅葉 2010

東大寺界隈 紅葉 2010

東大寺境内あるいは奈良公園一帯は一年中人の流れが絶えません。ことに平城遷都1300年祭が行われた今年、外国からの旅行客も目立ちました。晩秋ただなかの東大寺周辺を団体旅行の遠来の方、そして近郊のご家族など、往く秋を愉しむかのように散策しています。

関連記事(当管理者の写真記事へのリンク)
 ・東大寺界隈 名残の秋 2010
 ・暮れゆく秋 東大寺界隈 2009



東大寺 紅葉2
紅葉に囲まれた春日野園地 撮影:2010/11/24 奈良市雑司町


東大寺 紅葉1
黄色の絨毯の上でお弁当 撮影:2010/11/24 奈良市雑司町


東大寺 紅葉3
鐘楼に至る猫段の上り口 撮影:2010/11/24 奈良市雑司町


東大寺 紅葉4
大仏殿西回廊の紅葉 撮影:2010/11/24 奈良市雑司町

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/26(金) 10:45:48|
  2. 季節の風景・秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅茅が原・浮見堂界隈 紅葉 2010

浅茅が原浮見堂界隈 紅葉 2010

春日大社一の鳥居から先に続く参道の右手(南側)に広がる浅茅が原奈良公園の一角で、春日大社の経庫を改造した円窓亭(鎌倉時代)を中心とする一帯は片岡梅林の名で知られる梅花の名所。あまり多く梅があるわけではありませんが、早春はここの梅の香りで始まり、次いで桜に引き継がれます。

一方、秋には紅葉も美しく、鷺池に浮かぶ浮見堂との取り合わせを見ようと訪れる人は絶えません。
紅葉の盛りも終わりかなといういま、奈良公園周辺を散策してみました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・浅茅が原 紅葉 2011
 ・なら燈花会 2010 浮見堂
 ・浮見堂 鷺池の百日紅 2010
 ・奈良大文字送り火 2009



浅茅が原界隈 紅葉2
紅葉に染まる高円山(たかまどやま)と浮見堂。大文字の送り火(8月15日)が点火される場所(火床がある)の山肌が「大」の字に見えます。撮影:2010/11/24 奈良市高畑町


浅茅が原界隈 紅葉3
円窓亭を通してみた紅葉 撮影:2010/11/24 奈良市高畑町


浅茅が原界隈 紅葉4
浅茅が原の池を覆う紅葉 撮影:2010/11/24 奈良市高畑町


浅茅が原界隈 紅葉1
一の鳥居付近の紅葉 撮影:2010/11/24 奈良市高畑町

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/25(木) 22:25:52|
  2. 季節の風景・秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西ノ京 霜月の十五夜

西ノ京 霜月の十五夜

満月は古来から人の心を捉えて離さなず妖しく揺さぶる何かがありますね。

満月に限らず月は、詩歌、小説、絵画、音楽などの名作に数限りなく登場してきました。我々の住むこの地球が月を伴っているからこそ、折につけ様々な月の姿を愛でることのできる幸せ。宇宙に感謝!

ところで奈良・西ノ京といえば、春日奥山を背に大池をはさんで、朝に夕に薬師寺東塔西塔の見える優雅な風景。多くの人々を惹きつけ大和の風景として有名ですが、四季折々にただでさえ美しい景観にくわえお月さんが絡むと、ひとあじ違った感動が生まれます。

薬師寺東塔は、心柱が空洞化するなど傷みが進み、明治以来、約110年ぶりに解体修理が行われます。年内には東塔に工事用の覆い屋がかけられ、外からその姿は見られなくなります。工期は2018年(平成30年)末までの予定といいますから、今生限りの見納めとなる方もいるわけですね。

というわけで、満月(月齢15.1)の21日、大池に駆けつけました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へ二リンク)
 ・西ノ京 晩秋の十五夜
 ・西ノ京 朝焼け
 ・西ノ京 霧の朝
 ・西ノ京 夜明け



薬師寺 満月
11月の満月十五夜。月の出は奈良で午後4時15分。7~8分後に山の端に姿を現します。4時半頃では残照がわずかにあってまだ明るく、お月さんと塔との明るさのバランスが撮影にとって難しい時刻です。月の出時刻が迫るにつれ上空に雲が広がり始めました。お月さんは青く写っている雲の中に瞬く間に隠されてしまいました。撮影:2010/11/21 奈良市七条 三脚使用


テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2010/11/23(火) 15:11:37|
  2. 季節の風景・秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (93)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (99)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ