奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

小綱町 すももの荒神さん 2011

小綱町 すももの荒神さん 2011
  浴衣で参拝し厄除けを願う夏祭り

スモモが実る時期に行われるところから 「すももの荒神さん」と呼ばれ、中和地方では最も早い夏祭だそうです。いまでは6月28日に変わっていますが、昔は旧暦の5月28日。当日から浴衣を着ると厄除けになると云われています。

正蓮寺大日堂〔橿原市小綱(しょうこ)町〕に祀られている荒神さんは、祭日の1年に1度だけ、同町飛鳥川沿い、「三宝大荒神遺跡」にある小さなお堂にお渡りし開帳されます。夕方の6時半頃から浴衣を着た子供達が参拝に訪れ、通りに並んだ夜店を覗き歩いて楽しみます。

当地に伝えられる話によりますと――遥か昔に大洪水に見舞われ川が氾濫したが、荒神さんを祀っていたこの地だけが残り、およそ350年前に小さな三面六臂の姿の木彫りの荒神像が見つかったそうです。小綱町では霊験あらたかなご神体として今も大切に守られています。

当荒神さんは奈良県の三大荒神のひとつ。ちなみに他の二つは桜井市笠の「笠山三宝荒神」と吉野郡野迫川村の「立里(たてり)荒神」。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・笠山三宝荒神社 春の大祭 2010



すももの荒神さん1
飛鳥川沿いの三宝大荒神遺跡に建つコンクリート造りの小さな堂。荒神さんに掌を合わせる浴衣姿の子たち。撮影:2011/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん2
参拝を済ませると夜店に駆け寄ります。撮影:2011/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん3
夏の夜店定番の金魚すくいに興じる女の子。撮影:2011/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん4
今年初お目見えという「ぷよぷよすくい」。スマートボールのような、ビー玉ほどの大きさの、ぷよぷよ、にゅるにゅるの玉を水の中から金魚すくいで使うような破れやすい網ですくいます。女の子に人気のようです。本体の材質は吸水性ポリマー。紙おむつなどに使われる材料ですね。撮影:2011/6/28 奈良・橿原市小綱町


すももの荒神さん5
お小遣いを握り締めて「なに買ぉ?」と思案。これが楽しいの。撮影:2011/6/28 奈良・橿原市小綱町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/06/29(水) 22:50:39|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菅原天満宮 鷽替え神事 2011

菅原天満宮 鷽替え神事 (うそかえしんじ) 2011
  うそが真(まこと)に変わり福を呼ぶ 鷽(うそ)のお守り交換

菅原道真生誕の地と伝わる菅原の里。当天満宮では、翁が主役でユーモアあふれるおんだ祭(2月25日)がよく知られています。一方、長らく途絶えていた鷽替え神事が4年前、およそ70年ぶりに復活され、毎年6月25日は賑わいを見せるまでになってきました。

鷽替え神事の由来は――
菅原道真公が太宰府にて悪魔祓いの神事をされたところ、無数の蜂が出て参拝者を刺して悩ませました。その時、鷽鳥(うそ)が飛来し蜂を食いつくしたので、人々の危難が救われたました。これは、菅公のご仁徳の賜であり、鷽(嘘)が真(まこと)に成ると信じ、以来「鷽替え神事」が戦前まで続いていたと云われます(宮司さん談)。

この神事は奈良一刀彫の鷽のお守りを 「かえましょ」 「かえましょ」 と云いながら交換。お守り箱に記された番号の抽選があり、当たれば景品が貰えます。これが5、6回繰り返されます。福を呼び込めるかどうか、お試しを!

鷽のお守りは各家庭の1年の幸運を守るとのことです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・菅原天満宮 鷽替え神事 2014
 ・菅原天満宮 おんだ祭 2011



鷽替え神事1
奈良一刀彫の鷽鳥が入った「鷽御守護」の箱。福引きの番号が打たれています。撮影:2011/6/25 奈良市菅原町


鷽替え神事2
太鼓の合図で「かえましょ」「かえましょ」と鷽の入ったお守り箱を交換。福を呼ぶためであり、番号をシャッフルする役目があるのですね。撮影:2011/6/25 奈良市菅原町


鷽替え神事3
福引き箱から抽選の番号札を取り出し、番号を読み上げる役員さん、後の姿は宮司さん。撮影:2011/6/25 奈良市菅原町


鷽替え神事4
「当たってほしいな」 「次は当たるかな?」と 胸膨らませる子供達。撮影:2011/6/25 奈良市菅原町


鷽替え神事5
奈良一刀彫の鷽のお守り。撮影:2011/6/25 奈良市菅原町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/06/26(日) 22:02:45|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2011

大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2011
  竹の恵みに感謝し 竹の霊を慰める法要

中国の故事で竹を植えるとよく育つとされる「竹酔日(ちくすいじつ)」に合わせ、大安寺で6月23日に毎年営まれる竹供養。あわせて、笹酒でがん封じと健康祈願が行われます。

この日は早朝からがん封じの祈祷が行われ、境内で笹娘によって笹酒がふるまわれます。

午後1時から本堂で供養法要、虚無僧による尺八奉納演奏に続いて、境内の注連縄を張った竹林前の祭壇で、竹の霊を慰め育成を祈願して河野良文貫主らの読経が行われました。

このあと境内の一隅に場所を移して恒例の銘竹の植樹。今年植樹されたのは「紅寒竹」という名の若竹でした。

ところで今年は竹林前の祭壇には、テントが設けられていました。竹供養に相応しい風情ではありませんでしたので、ここでは虚無僧のシーンを中心とします。法要の様子は、少し古い写真で恐縮ですが(未公表)次のページにアップしましたので(下記リンク)、併せてご覧戴ければ嬉しいです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2013
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2012
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2008
 ・大安寺 光仁会/がん封じ笹酒祭り 2013
 ・大安寺 光仁会/がん封じ笹酒祭り 2010



大安寺 竹供養1
本堂に向かって進む虚無僧の一行。後に笹娘、僧侶たちが続く。撮影:2011/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養2
銘竹「紅寒竹」の生育を祈願する河野貫主ら。撮影:2011/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養3
貫首以下僧侶に続き、虚無僧、笹娘、一般参拝者の順に植樹に参加。撮影:2011/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養4
すべての法要が終わって一曲披露する虚無僧。撮影:2011/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養5
「拙者にも 一盃」 撮影:2011/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養6
「うまい~!」 撮影:2011/6/23 奈良市大安寺

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/06/24(金) 22:08:48|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2008

大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2008
  がん封じに効き目があるという笹酒

大安寺南都七大寺のひとつ。聖徳太子が建立した熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)が前身と伝わります。幾多の変遷を経て、かつては唐長安の西明寺を模範として建立された壮大な伽藍を誇りました。

現在の堂宇は明治時代以降に建造されたもの。光仁天皇にちなんで「がん封じ笹酒祭り(光仁会)」が毎年正月23日に行われていますが、6月23日の「竹供養」でも、青竹に入れて冷やした酒が参拝者に振る舞われます。

古くから竹の恩恵にあずかって生活してきたわれわれ。大安寺では毎年6月23日に竹に感謝して竹供養が行われます。

今年(2011年)の竹供養について前のページ(下記リンク)にあげたのを機に、公表のタイミングを逸していた2年前の写真ですが、ここにアップ致します。併せてご覧戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2013
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2012
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2011
 ・大安寺 光仁会/がん封じ笹酒祭り 2010



大安寺 竹供養(2008年)2
青竹で作った盃に笹酒を受けますが、自然に心が和み笑みがこぼれます。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)1
青竹の筒にお酒を入れて氷で冷やした笹酒。お酒を注ぐのは藤影きもの専門学校の学生さん。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)3
南門から本堂に向かう虚無僧たち。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)4
大安寺一山の僧侶が続きます。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)5
竹林の前で読経し、米、酒などを捧げ、竹供養の法要が行われます。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)7
虚無僧の代表による散華。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺


大安寺 竹供養(2008年)6
笹娘代表のお嬢さん。撮影:2008/6/23 奈良市大安寺

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/06/23(木) 22:52:31|
  2. 6月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久米寺 アジサイ(紫陽花) 2011

久米寺 アジサイ紫陽花 2011

創建者は久米仙人とも聖徳太子の弟の来目皇子(くめのおうじ)とも伝わる久米寺。弘法大師が多宝塔内で初めて真言密教を宣布したことから、久米寺は真言宗発祥の地といわれ、真言宗御室派の別格本山となっています。

境内には京都の仁和寺から移築された多宝塔があり、重要文化財に指定されています。その多宝塔と本堂の裏庭を囲むようにアジサイが咲き、その他に、桃、桜、ツツジなどの花の寺としても知られます。

また5月3日に行われる二十五菩薩来迎練供養会式は「久米れんぞ」の名で親しまれ、賑わいを見せます。

ところで今年は、アジサイの花つきが悪いなァ、去年はもっと咲いてたよ、などと鑑賞者の会話が聞こえてました。たしかに、特に多宝塔の周辺は少ないように感じられました。

以前にアップした写真(下のリンク)とは、なるべく重複しないシーンを選びました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・久米寺 アジサイ(紫陽花) 2015
 ・久米寺 アジサイ(紫陽花) 2013
 ・久米寺 練供養 2012
 ・久米寺 練供養 2010
 ・久米寺 あじさい 2005



久米寺 あじさい1
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


久米寺 あじさい3
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


久米寺 あじさい6
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


久米寺 あじさい4
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


久米寺 あじさい5
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


久米寺 あじさい2
撮影:2011/6/21 奈良・橿原市久米町


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/22(水) 22:59:16|
  2. 花便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (52)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (89)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ