奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

春日大社 年越大祓式 2012

春日大社 年越大祓 2012
  穢れを祓い去り、新年を清らかな心身で迎える神事

大祓(おおはらえ)式」とは、知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事。毎年6月と12月の各末日に行われ、6月の大祓は「夏越大祓式」、12月の大祓は「年越大祓式」といわれます。古代に宮中で始まったとされる伝統行事。

春日大社では大晦日の31日、祓戸神社前で神職らに合わせて参拝者は「切麻(きりぬさ)」(1cm 四方の紙片)を自分の身に振りかけ、この1年の間に身に積もった罪・穢れを人形(ひとがた)に吹き移しました。

撮影制限がありましたので遠くから少しだけ。今年の最後の記事としてアップしておきます。
当管理者も積もり積もった罪・穢れを祓い清めて戴きました。
皆様にはよいお年をお迎えください。

関連記事(当管理者の関連写真記事へリンク)
 ・春日大社 夏越大祓式 2012
 ・大神神社 大祓 みわの茅の輪神事 2011



春日大社 年越大祓式1
二の鳥居近くにある祓戸神社前で執り行われた年越の大祓式 撮影:2012/12/31 奈良市春日野町


春日大社 年越大祓式2
布を左右に大きく引き裂いて穢れを祓う「烈布(れっぷ)」の儀式 撮影:2012/12/31 奈良市春日野町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/12/31(月) 20:37:42|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日若宮おん祭(8) 奉納相撲 2012

春日若宮おん祭(8) 奉納相撲 2012

春日若宮おん祭最後の18日、お旅所近くの特設土俵で奉納相撲が行われました。日差しもなく寒さ厳しい中、中学、高校、一般の3部に分かれて熱い取り組みを展開。奈良市相撲協会などの協力での開催です。

なお、これに続きお旅所芝舞台で行われるはずの後宴能は、雨のため境内の感謝・共生の館に会場を変更。木曽義仲の妻、巴御前を主人公とした能「巴(ともえ)」、狂言「舟船(ふねふな)」、能「枕慈童(まくらじどう)」が上演され、おん祭の幕が下りました。後宴能は撮影禁止でしたので観賞に専念。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日若宮おん祭(6) 奉納相撲 2009



おん祭 奉納相撲3
撮影:2012/12/18 奈良市春日野町


おん祭 奉納相撲1
撮影:2012/12/18 奈良市春日野町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 20:39:45|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日若宮おん祭(7) 稚児流鏑馬 2012

春日若宮おん祭(7) 稚児流鏑馬 2012

かつて大和国内の士(さむらい)らは華やかな流鏑馬を神前で繰り広げたと云います。

おん祭では当時を偲ぶ、赤の水干につづら笠を被り、背に箙(えびら)を背負い、重藤(しげとう)の弓を手にした揚児(あげのちご)1名と白の水干の射手児(いてのちご)2名による流鏑馬が行われます。

一の鳥居内の参道に設けられた一の的より三の的を順次射て進みます。いまでは駆けることなくゆっくり歩み、一の矢が的に当たれば次の的に進みます。外れた場合は三の矢まで射るとのこと。たいてい1本目で見事に的を射抜きます。

下記の2009年の記事にも流鏑馬を揚げました併せてご覧ください。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日若宮おん祭(5) 稚児流鏑馬 2015
 ・春日若宮おん祭(10) 競馬・稚児流鏑馬 2013
 ・春日若宮おん祭(4) お渡り式 2009



稚児流鏑馬1
流鏑馬児の一行が一の鳥居を通過して馬場に参入。先頭が手にしているのは的 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


稚児流鏑馬2
一の矢を射んとする揚児(あげのちご)。ご両親(?)が見守る中、的に見事に命中 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 18:47:41|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日若宮おん祭(6) 松の下式 2012

春日若宮おん祭(6) 松の下式 2012

一の鳥居を入った参道の南側に立つ「影向の松(ようごうのまつ)」(今は切り株。後継樹を育成中と聞く)。ここに春日大明神が降臨(影向)し、翁の姿で万歳楽を舞われたという由緒ある場所で、松は能舞台の鏡板に描かれている松のモデルと伝わります。

おん祭でここを通過する陪従(べいじゅう)・細男(せいのお)・猿楽(さるがく)・田楽(でんがく)は各々芸能を演じた後、お旅所へ参入する慣わしとなっています。お旅所入り口では金春太夫が「埒明け」を行います。

今年の「松の下式」で行われた各芸能集団の奉納芸の一部を以下にご紹介。

細男田楽の一座は現在も世襲により守られています。どのメンバーも別に仕事を持っており、おん祭のときだけ舞を披露します。ご苦労があると聞きますが、末永く継承して戴きたいですね。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日若宮おん祭(4) お渡り式 2011
 ・春日若宮おん祭(10) お旅所祭・神楽など奉納 2010
 ・春日若宮おん祭(9) 「金春の埒あけ」 2010
 ・春日若宮おん祭(8) お渡り式 2010
 ・春日若宮おん祭(4) お渡り式 2009



松の下式1
「日使(ひのつかい)」を先導する「梅白枝(うめのずばえ)」と「祝御幣(いわいのごへい)」。赤衣の2人は、一の鳥居を入るに際し、千早(ちはや)とよぶ白布を首にかけた先を地面に垂らし、このままお旅所まで進みます 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式2
「日使」のお供である「陪従(べいじゅう)」(楽人)、馬上で笛を奏し奉納 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式3
鼓を奏す「細男(せいのう)」 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式4
猿楽「開口(かいこう)」 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式5
猿楽「弓矢立会(ゆみやたちあい)」 中央は金春太夫。猿楽は能楽の古名 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式6
猿楽「三笠風流」 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式7
五色の御幣をおし立て、綾藺笠(あやいかさ)を被った田楽の一行参進 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


松の下式8
大きな花笠を頭上に載せ笛を吹く田楽の二藹(にろう)。
人形は奈良一刀彫の起源といわれます 撮影:2012/12/17 
奈良市春日野町


松の下式9
田楽「刀玉(かたなだま)」 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 16:34:05|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日若宮おん祭(5) お渡り式 2012

春日若宮おん祭(5) お渡り 2012

「祭りしまいはおん祭」と云われ、古都・奈良の1年を華麗に締めくくる春日若宮おん祭。1136(保延2)年の創始以来1度として途切れることなく、877年も連綿と守り継がれてきた荘厳、厳粛な伝統行事です(国指定重要無形民俗文化財)。

平安から江戸時代に至る古式ゆかしい時代行列が奈良の町を練り歩くお渡りは見所のひとつ。奈良県庁前を出発して一の鳥居までを「下の渡り」、一の鳥居よりお旅所までを「上の渡り」と呼ばれます。

ここでは「上の渡り」、一の鳥居付近(「影向の松」の下)で見た行列の一部をご紹介します。異なる場所から見たお渡り行列は以前の記事に掲げてあります。ご参照ください。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日若宮おん祭(4) お渡り式 2011
 ・春日若宮おん祭(8) お渡り式 2010
 ・春日若宮おん祭(4) お渡り式 2009



若宮おん祭 お渡り式1
市女笠(いちめがさ)にたれ衣の道行き姿(旅姿)の女官 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


若宮おん祭 お渡り式2
第1番 「日の使い」の先頭を、白布を肩から引き進む「梅白枝(うめのずばえ)」と「祝御幣」 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


若宮おん祭 お渡り式3
第3番、白の被衣(かずき)をいただき風流傘を差しかけられ騎馬で進む神子(前は拝殿八乙女神子) 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


若宮おん祭 お渡り式4
第6番、馬長児(ばちょうのちご)。山鳥の尾を立てた笠を被り、背中に牡丹の造花を負って騎馬。後ろに五色の短冊をつけた笹竹を持ち、龍の造り物を戴き、腰には高下駄(木履)を吊り下げた2人を従えます。お旅所に到着後、神前で行う儀式はこちら 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


若宮おん祭 お渡り式5
大きな野太刀、中太刀、小太刀、薙刀、槍などの行列一行(第10番)。
航空自衛隊幹部候補生学校の学生さんが奉仕 
撮影:2012/12/17 奈良市春日野町


若宮おん祭 お渡り式6
お渡り行列の後方(第11番)に大和士に一団が「影向の松」に馬と共に低頭して通過。騎乗するのは願主役、御師役、馬場役の役士(やくさむらい) 撮影:2012/12/17 奈良市春日野町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/12/22(土) 21:43:32|
  2. 12月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (99)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ