奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2013

花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2013

「花の蕾は紅、花は白、散り際は再び紅と色変わりする珍しい貴重な名花木」(県庁「奈良の八重桜」説明石板)と云われるナラノヤエザクラ。奈良県花、奈良市章・市花に採用されています。

ナラノヤエザクラは、ソメイヨシノの開花より半月から1ヵ月ほど遅れて、若葉を開くのと同時に花を咲かせます。小ぶりで控えめな八重咲きです。今年も開花時期に合わせ県庁周辺を巡ってみました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2016
 ・花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2015
 ・花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2014
 ・花便り ナラノヤエザクラ(奈良八重桜) 2012



奈良の八重桜1
撮影:2013/4/25 奈良市登大路町(奈良県庁周辺)


奈良の八重桜2
撮影:2013/4/25 奈良市登大路町(奈良県庁周辺)


奈良の八重桜3
撮影:2013/4/25 奈良市登大路町(奈良県庁周辺)

スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/28(日) 20:47:22|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

興福寺 文殊会 2013

興福寺 文殊会 2013

興福寺東金堂の本尊は薬師如来坐像(重文)ですが、その左脇侍をつとめるのが文殊菩薩坐像(国宝)。

文殊会では文殊菩薩の智恵を授かろうと、稚児の行列が一字書の奉額車を曳いて東金堂まで華やかに練行します。入堂すると稚児たちは文殊菩薩像前で焼香を行います。焼香ははじめてかな?

説明は簡単に済ませました。先年にあげた記事を参照して戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・興福寺 文殊会 2016
 ・興福寺 文殊会 2011
 ・興福寺 文殊会 2010



興福寺 文殊会1
雅な奏楽が響き渡る中、三条通りの坂を進むお練り一行=撮影:2013/4/25 奈良市三条通


興福寺 文殊会2
奉額車の紅白の綱を曳き、やっと東金堂前にたどり着いた稚児さんたち=撮影:2013/4/25 奈良市三条通


興福寺 文殊会3
小学生が各一文字ずつ書いた半紙を張り合わせてできた額。藤の花飾りがついた奉額車に載せて運ばれる=撮影:2013/4/25 奈良市三条通


興福寺 文殊会4
一字書の額を文殊菩薩に奉納=撮影:2013/4/25 奈良市三条通


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2013/04/27(土) 22:00:20|
  2. 4月の祭り/行事
  3. | コメント:0

花便り 般若寺 ヤマブキ(山吹) 2013

花便り 般若寺 ヤマブキ(山吹) 2013

般若寺の名の由来は、平城遷都の際、平城京の鬼門を守るため『大般若経』を基壇に納めて塔が建てられたことによると云われます(般若寺のパンフレット)。

関西花の寺17番所であり、四季折々、花の絶えない般若寺にあって最も有名なのはコスモスですが、晩春に石仏を明るく黄色に染めるヤマブキ(山吹)の風情もいいですね。

般若寺に咲くヤマブキは大部分が八重咲きのヤエヤマブキ(八重山吹)のようです。こちらは一重咲きのヤマブキと異なり、実はなりません。

ヤマブキは古歌にも好んで詠まれてきました。誰しも思い出すのは、太田道潅の逸話とともに
  「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき」(後拾遺和歌集 兼明親王)ではないでしょうか。

境内の石仏は、西国札所三十三観音霊場の本尊を石像にしたもので元禄の作とのこと(境内説明板)。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・般若寺 文殊会とヤマブキ(山吹) 2015
 ・般若寺 水仙 2013
 ・般若寺 水仙 2012
 ・般若寺 あじさい 2008
 ・花便り ヤマブキ(山吹) 2012



般若寺 ヤマブキ1
観音石仏を明るく彩るヤマブキ 撮影:2013/4/23 奈良市般若寺町


般若寺 ヤマブキ2
ボタン(牡丹)と共に 撮影:2013/4/23 奈良市般若寺町


般若寺 ヤマブキ3
撮影:2013/4/23 奈良市般若寺町


般若寺 ヤマブキ4
撮影:2013/4/23 奈良市般若寺町


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/26(金) 22:59:12|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

大安寺 正御影供・火渡り 2013

大安寺 正御影供火渡り 2013

正御影供(しょうみえく)は、弘法大使(空海)の命日に当たる4月21日(旧暦3月)、大師の絵像(御影)を祀り、遺徳を偲んでに行われる法要。真言宗の各地寺院で行われます。

大安寺では御影の掛け軸と遺髪の前に供物を供えて勤行が営まれ、その後、境内に所を移し、柴燈大護摩が厳修されます。

大護摩祈祷の後は「火渡りの行」。これには信者・参拝者らも参加できて、強い風が舞うなか、くすぶる大護摩木の上を裸足で渡りきって安堵の微笑みを浮かべていました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大安寺 正御影供・火渡り 2017
 ・大安寺 正御影供・火渡り 2012
 ・室生寺 正御影供・新管長の入山式 お練り 2013
 ・大安寺 竹供養/がん封じ夏祭り 2012



大安寺 火渡り1
法螺貝を持つ修験者を先頭に餅花の供物などを捧げ、護摩壇に向かう一行=撮影:2013/4/21 奈良市大安寺


大安寺 火渡り2
河野良文貫主(右端)が見守るなか、導師(大祇師=だいぎし)が行う柴燈護摩祈祷の作法=撮影:2013/4/21 奈良市大安寺


大安寺 火渡り3
火渡り行の前の祈祷作法=撮影:2013/4/21 奈良市大安寺


大安寺 火渡り4
導師の火渡り=撮影:2013/4/21 奈良市大安寺


大安寺 火渡り5
修験者に護られ火渡りする一般参拝者。終えて色とりどりの
祈願串(手前)を頂きます=撮影:2013/4/21 奈良市大安寺


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2013/04/25(木) 11:57:20|
  2. 4月の祭り/行事
  3. | コメント:0

興福寺 フジ(藤) 2013

興福寺南円堂 フジ 2013

かつて大寺院の偉容を誇った興福寺。幾たびもの焼き討ちや廃仏毀釈の影響を大きく受け、一時は存亡の危機にあったものの、南円堂を中心に観音信仰の高まりによって寺勢が再興されたといいます。

その南円堂のそばにあるフジ(藤)棚。長く垂れ下がったフジの花房がほのかな甘い香りを放ちつつ開き始めました。藤原氏の庇護の下に共に栄え、縁の深い春日大社の有名な「砂ずりの藤」とは比べものにはなりませんが、朱塗りの南円堂を背景に見る紫色の花房は高貴な雰囲気を漂わせます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日大社 砂ずりの藤 2012
 ・春日大社 砂ずりの藤 2011



興福寺 藤1
撮影:2013/4/23 奈良市春日野町


興福寺 藤2
撮影:2013/4/23 奈良市春日野町


テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/24(水) 22:42:45|
  2. 季節の風景・春
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (60)
6月の祭り/行事 (52)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (81)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ