奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

暑中お見舞い 2014

暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けるや連日の猛暑(酷暑・熱暑というべきか)が続きますが、皆さまにはお変わりありませんでしょうか、お伺い申し上げます。

こんなに暑いと水辺が恋しくなりますね。滝の流れに束の間にしろ涼感を感じて頂ければ嬉しいです。

どうぞ暑さ対策を十分にして酷暑の夏をお元気でお過ごしください。どなた様も、ごきげんよう!



暑中見舞い 2014
赤目四十八滝・不動滝/三重・名張市赤目町

スポンサーサイト

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/31(木) 22:44:11|
  2. 暑中見舞い
  3. | コメント:0

畝火山口神社 でんそそ祭り 2014

畝火山口神社 でんそそ祭り 2014

畝傍山の山麓(昔は頂上)に鎮座する畝火山口神社の夏季大祭(夏祭り)は、「お峯のでんそそ」と俗称で親しまれています。社前で打ち鳴らす太鼓の音が近隣に「でんそそ、でんそそ」と聞こえたことに由来するとか。「お峰でんそその太鼓の音が聞こえたら、田に入るな」とされ、農家では田仕事の目安にしていた時代があったと伝わります。

28日午前9時半ころ花火が打ち上げられ、畝傍山西麓一帯に祭礼の開始が告げられます。かつては山頂から響く太鼓の音が、その役目を果たしていたのでしょうね。

神前には、2日前に大淀町土田の吉野川で汲み取った神水(「お峯山の水取り」→こちら)が予め奉献されています。

祭礼は10時に始まり、祓戸社前で宮司を含む神職4名による修祓。清祓を受けた関係参列者は拝殿に登殿。雅楽が流れるなか(奏者3名)、無病息災・豊作祈願の神事が厳かに行われます。全員で「大祓詞」を奏上。

夜にはカラオケ奉納、奉納盆踊りなど、神賑行事が予定されていました。

なお、当神社が大淀町土田に吉野川の水を取りに行くのに対して、大阪の住吉大社からは畝傍山に「土=埴土(はにう)」を取りにくる行事(「住吉の土取り」)が祈年祭と新嘗祭に行われています。両神社に「水」と「土」の関係は興味深いところです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・畝火山口神社 水取り神事 2014
 ・畝火山口神社 御田植祭 2014
 ・畝火山口神社 おんだ祭 2009



畝火山口神社 デンソソ祭り1
神水による清祓の儀 撮影:2014/7/28 奈良・橿原市大谷町


畝火山口神社 デンソソ祭り2
拝殿に一同着座(飛鳥坐神社の宮司さんも出仕。このあとは本殿玉垣内で神事が行われるので撮影せず) 撮影:2014/7/28 奈良・橿原市大谷町


畝火山口神社 デンソソ祭り3
桶に入れて神前に献上された神水(2日前に土田の吉野川河原から汲み取ったもの。許可を得て祭礼後に撮影) 撮影:2014/7/28 奈良・橿原市大谷町


畝火山口神社 デンソソ祭り4
祭礼のなかで奉納された歌謡太鼓の演奏(大和会のメンバー2名による) 撮影:2014/7/28 奈良・橿原市大谷町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/07/29(火) 15:23:03|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0

畝火山口神社 水取り神事 2014

畝火山口神社 水取り神事 2014
  畝傍山と吉野川の水を結ぶ珍しい民俗行事

畝傍山の西麓に鎮座する畝火山口神社の夏祭りは俗に「お峯のでんそそ」とか「でんそそ祭り」と呼ばれています。祭礼の中心となるのは、祭り当日の2日前(7月26日)に行われる神水を汲む神事、「お峯山の水取り」なのです。

明治維新前は26日の早朝に神職らが武装した12人の供を従え行列を組んで壷坂峠を越え、はるばる大淀町土田の吉野川へ水汲みにでかけたと伝わり、かなり格式の高い行事であったことがうかがえます。いまでは宮司一人となってしまいましたが、欠かすことなく、連綿と守り続けられている伝統行事です。

まず、土田の妙見宮の境内摂社・住吉神社前で地元区長、氏子らが列席して神事を執り行ったあと、ケヤキの巨樹(町指定天然記念物)下の河原に向かいます。神水の汲み取りは、砂地から川に石を並べ2本の笹竹を立て注連縄を張った狭い斎場で行われます。2回汲み取った水をそれぞれ1升瓶に移しかえて畝傍に持ち帰ります。

この「お水取り神事」は、大和国中(奈良盆地)の人々にとって神聖な吉野川の水と、遠く離れた地元土田の人々が神事を支えてきたという、両地域のつながりを象徴する民俗行事として、今年大淀町の無形民俗文化財に認定されました[2014(平成26)年3月28日]。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・畝火山口神社 でんそそ祭り 2014
 ・畝火山口神社 御田植祭 2014
 ・畝火山口神社 おんだ祭 2009



土田 水取り神事1
畝火山口神社の宮司により、妙見宮・住吉神社前で水取り神事が行われる。区長、氏子総代さん以下、20名ほどの氏子が参列 撮影:2014/7/26 奈良・吉野郡大淀町土田


土田 水取り神事2
吉野川畔の水汲み場にて修祓のあと宮司一拝 撮影:2014/7/26 奈良・吉野郡大淀町土田


土田 水取り神事3
竹筒製の桶で吉野川の水を汲み取る宮司。川の流れは強いため手を差し伸べる役員さん。このあと水を一升瓶2本に移しかえます 撮影:2014/7/26 奈良・吉野郡大淀町土田


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/07/27(日) 16:04:44|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0

川西町吐田 油掛地蔵盆 2014

川西町吐田 油掛地蔵盆 2014

川西町吐田(はんだ)は近鉄結崎駅から北西に約2.5kmのあたり、大和川と寺川に挟まれた田園地帯に位置し、東西南北に碁盤の目状に農道がはしります。その十字路の一角にぽつんと建つ小さな吹き抜けのお堂。中には油で黒光りした地蔵尊が祀られています(→こちら)。

この地蔵尊(1523年造)は泥田の中に埋もれていたのを村人が引き上げて祀ったと伝わります。クサ(できもの)を治してくれると信仰を集め、願いがかなえば油を掛けた慣わしから、油で黒光りしているのだといいます。今も吐田垣内の人々によって大切に守られ、7月の地蔵盆に油掛け供養が行われています。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・川西町吐田 油掛地蔵 2016
 ・福智院 地蔵盆 2012
 ・十輪院 地蔵盆法要 2012
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2012
 ・伝香寺 地蔵会(着せ替え法要) 2012
 ・率川地蔵尊 燈籠流し 2012
 ・東大寺知足院 地蔵会 2011



吐田 油掛地蔵盆1
田圃の中にぽつんと建つ油掛地蔵のお堂に灯りがともされ、お坊さんをはじめ垣内の人々が次々に参集。ほどなく法要が始まる 撮影:2014/7/23 奈良・磯城郡川西町吐田


吐田 油掛地蔵盆3
お堂前で般若心経をあげ法要が進むなか、参拝者の多くは道路から見守る 撮影:2014/7/23 奈良・磯城郡川西町吐田


吐田 油掛地蔵盆2
法要は30分ほどで終わり、辺りはすっかり暗くなった。参拝を終え人々は御供のお下がりを頂き家路につく 撮影:2014/7/23 奈良・磯城郡川西町吐田


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/07/24(木) 21:54:36|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0

天理 桃尾の滝開き 2014

天理 桃尾の滝開き 2014

「布留の滝」として和歌や句にも読まれ、芭蕉もこの地を訪れたという桃尾の滝。滝の落差は約23mの直瀑。滝近くに立つと滝しぶきが顔に当たり涼やかな風が身をつつみます。

いつの頃からか天理市観光協会の主催で夏の安全を祈願し「滝開きの神事」が行われるようになりました。石上神宮の神職と修験者(山伏)によって斎行されますが、神事に山伏?といぶかる向きもいらっしゃるのでは?

それには、こんな経緯がありました――。真言密教の旧龍福寺境内地にある当所で個人で細々と行っていた祖霊供養を「天理市観光協会が引き継ぎ、同市内の石上神宮に祭祀をお願いして、現行の姿の滝開き神事となった」(地元長老と神職)との由。夏の町おこし(?)事業の一つとして観光協会が絡んだ「神職と山伏のコラボ」が生まれたのでした。

過年の記事・写真もご参照戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・天理 桃尾の滝開き 2011



桃尾の滝開き1
桃尾の滝前の不動さんの祠 撮影:2014/7/17 奈良・天理市滝本町


桃尾の滝開き2
滝の奥にも不動明王の石像 撮影:2014/7/17 奈良・天理市滝本町


桃尾の滝開き3
天理市長を始めとする関係者列席のもと、滝の前庭で行われる滝開きの神事。修験者は法螺貝の奉奏と宝剣の儀を行いますが、般若心経の奉唱はありませんでした 撮影:2014/7/17 奈良・天理市滝本町


桃尾の滝開き4

滝に向かって御幣と切ぬさで清祓(きよはらい)の儀 撮影:2014/7/17 奈良・天理市滝本町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/07/21(月) 17:28:38|
  2. 7月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (60)
6月の祭り/行事 (52)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (81)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ