奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

西大寺 興正菩薩忌 2014

西大寺 興正菩薩忌 2014

真言律宗総本山である西大寺。興正(こうしょう)菩薩は、西大寺中興の祖とされる叡尊(えいそん)の徳行を称えて上人に贈られた称号(贈名・謚号、しごう)です。今年も上人の命日に当たる8月25日、遺徳を偲んで忌日法要が行われました。

興正殿で講演や笙の奉納演奏、愛染堂参拝の後、奥の院(体性院)に移動。大五輪石塔が立つ御廟に献燈し、供養が行われました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・西大寺 興正菩薩忌 2011
 ・西大寺 新春初釜大茶盛式 2006・2007



西大寺 興正菩薩忌1
奥の院御廟に献灯し、般若心経を唱えながら周回 撮影:2014/8/25 奈良市西大寺野神町

西大寺 興正菩薩忌2
真言を唱え叡尊上人の高徳を偲び参拝 撮影:2014/8/25 奈良市西大寺野神町


西大寺 興正菩薩忌3
名前と祈願の書かれたカップの灯りに思いを込める参拝者 撮影:2014/8/25 奈良市西大寺野神町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/08/27(水) 10:57:38|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0

元興寺 地蔵会万燈供養 2014

元興寺 地蔵会万燈供養 2014

豪雨が常態化しつつあるような今年の夏――。地蔵会が行われた23日の元興寺(がんごうじ)では浮図田(ふとでん)で地蔵供養が行われるころ雨が降り始め、やがては土砂降りに。

浮図田の石仏群前に並ぶ燈明皿にも容赦なく雨が降り注ぎ、点火は不可能な状態になってしまいました。そんなわけでこの夜、撮影をほとんどしないで早々に退散の憂き目に会いました。

土砂降り前の浮図田の様子を少しアップします。地蔵会万燈供養の説明は過去のを参照して戴ければ幸いです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2016
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2015
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2012
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2011
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2010
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2009
 ・元興寺 地蔵会万燈供養 2006



元興寺 地蔵会万燈供養2
小雨降るなか手水を使う娘さん 撮影:2014/8/23 奈良市中院町


元興寺 地蔵会万燈供養1
石仏群の前で行われる地蔵供養(辻村泰善住職) 
撮影:2014/8/23 奈良市中院町


元興寺 地蔵会万燈供養3
献燈者の祈願が書かれた燈明皿の灯りに浮かぶ石仏 撮影:2014/8/23 奈良市中院町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/08/26(火) 20:49:35|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0

東坊城のホーランヤ 2014

東坊城のホーランヤ 2014

その由来や目的も語源も不明のホーランヤ火祭りは、酷暑のさなかに男衆が玉の汗を流して燃え盛る大松明を担いで練る勇壮な伝統行事(県指定無形民俗文化財)。

暦の上では秋になったとはいえ、ぎらつく太陽、蒸し風呂のごとき中、燃え盛る炎に魅入られたように引き寄せられる観客やカメラマン――今年もアツカッタデス。写真はすべて八幡神社にて。

2010年の記事に詳しく行事の説明をあげました。重複を避けますので、そちらを参照ください。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東坊城のホーランヤ 2016
 ・東坊城のホーランヤ 2012
 ・東坊城のホーランヤ 2011
 ・東坊城のホーランヤ 2010



ホーランヤ火祭り1
炎熱と松明の重さが身にこたえるが、境内の隅々までひたすら巡る=撮影:2014/8/15 奈良・橿原市東坊城町


ホーランヤ火祭り2
「ワッショイ ワッショイ …」と3回、威勢よく燃え盛る大松明を頭上高く差し上げる=撮影:2014/8/15 奈良・橿原市東坊城町


ホーランヤ火祭り3
最後(6番目)の大松明が境内を巡り終わり据え置かれると、小ぶりの役松明3基(古川、大北、出垣内からの運び込み)が拝殿前に並べ点火され、全員が手打ちで行事を締める=撮影:2014/8/15 奈良・橿原市東坊城町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/08/18(月) 17:02:00|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0

春日大社 中元万燈籠 2014

春日大社 中元万燈籠 2014

春日大社では8月14、15日の中元の夜、境内にある約3千基の燈籠に浄火を灯して神に捧げる万燈籠神事が行われます。夕刻、宮司が本殿の瑠璃燈籠などに浄火を移します。この内陣で行われる儀式としての献燈神事は、一般には拝見できないようです。

もとは主として雨乞い祈願のために行われていた万燈籠ですが、後にはそれだけでなく、さまざまな願いを込めて大規模な献燈神事が行われるようになったと伝わります。

本殿を囲む回廊の釣り燈籠や参道両側の石燈籠のすべてに灯された淡い明かりで、春日の杜は常ならぬ幽玄の雰囲気に包まれます。本殿前では舞楽や音楽が奉納され、夏の夜を楽しむ大勢の参拝者で賑わいました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・春日大社 中元万燈籠 2013
 ・龍田神社 風鎮祭・千燈明祭 2013
 ・往馬大社 千燈明祭 2013
 ・往馬大社 千燈明祭 2012
 ・東大寺 万燈供養会 2007



春日大社 中元万燈籠1
灯りが入れられた回廊の美しい釣燈籠 撮影:2014/8/14 奈良市春日野町


春日大社 中元万燈籠2
祈りの万燈籠 撮影:2014/8/14 奈良市春日野町


春日大社 中元万燈籠3
直会殿ではアンサンブルの奉納演奏 撮影:2014/8/14 奈良市春日野町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/08/17(日) 21:19:44|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0

なら燈花会 春日野園地 2014

なら燈花会 春日野園地 2014

北に鴟尾(しび)を戴く大仏殿の大屋根が望め、東には若草山や春日山の眺望が広がる春日野園地。なら燈花会では最も広大な灯りの海が出現する園地です。

かつてよりローソクの灯りが少ないように感じられました。ボランティアの不足か、資金難か。光のデザインが何を表しているのか判りにくい、との声もありました。広大な場所ゆえに関係者のご苦労がしのばれます。(デジタルカメラの威力のおかげ、手持ち撮影です)

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・なら燈花会 興福寺・浮見堂 2014
 ・なら燈花会 浅茅が原 2014
 ・なら燈花会 奈良県庁・文化会館 2014



なら燈花会 春日野園地1
撮影:2014/8/13 奈良市雑司町


なら燈花会 春日野園地2
撮影:2014/8/13 奈良市雑司町


なら燈花会 春日野園地3.
撮影:2014/8/12 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/08/16(土) 10:38:21|
  2. 8月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (63)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (94)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ