奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

花便り 大和文華館 ササユリ(笹百合) 2015

可憐な姿のササユリの花

ササユリ(笹百合)は、日本自生の日本を代表するユリ。葉の形が笹に似ているところからついた和名ですが、学名はずばり ”日本のユリ”(Lilium japonicum)。繁殖力が弱く自生地はすっかり少なくなっているようです。

ササユリの花言葉は「清浄」「上品」。気品のある姿と香りが好まれます。

大和文華館では見ごろを迎え、例年より多くの花が見られました。笹原の所どころ、ほんのりとピンク色の花が姿を覗かせ、茎先に2輪つけた株もありました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大和文華館 ササユリ(笹百合) 2017
 ・大和文華館 ササユリ(笹百合) 2014
 ・大神神社 ササユリ(笹百合) 2013
 ・大神神社 ササユリ(笹百合) 2012



大和文華館 ササユリ1
撮影 2015/5/26 奈良市学園南


大和文華館 ササユリ2
撮影 2015/5/26 奈良市学園南

スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/26(火) 21:05:20|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

霊山寺 薔薇会式・えと祭り 2015

バラの花を供えて平和に感謝

多種のバラの花が咲き競う霊山寺のバラ庭園。園内を巡った後、きらびやかに着飾った少年少女合唱団、干支面者、バラ御輿、僧侶、信者、稚児らは、八体仏霊場に向かいます。ここで読経や献茶・献花を行った後、さらに本堂へ参進。

本堂ではバラ御輿に乗せて運んだバラの花を本尊・薬師如来に捧げ、般若心経などを唱えて平和に感謝するとともに健康・招福を祈願。法要の後、今年も「まつぽっくり少年少女合唱団」による歌の奉納がありました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・霊山寺 薔薇会式・えと祭り 2014
 ・花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2015
 ・花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2014
 ・花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2013



霊山寺 薔薇会式1
バラ庭園を練る少年少女合唱団や干支面者ら=撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 薔薇会式2
八体仏霊場で法要=撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 薔薇会式3
バラ御輿=撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 薔薇会式4
十二干支の面を被った干支面者や僧侶の行列=撮影 2015/5/17 奈良市中町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2015/05/21(木) 12:00:58|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2015

香りが漂い 心に安らぎを覚えるバラ庭園

先代住職が世界平和への祈りを込めて造ったというバラ庭園。春と秋の年2回、季節ともなれば200種類、2000株のバラが美しく咲き誇ります。

今年も「薔薇会式・えと祭り」に合わせて訪れたバラ園ですが、心の安らぎを求め珍しい種類のバラを愛でる人々でいっぱいでした。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2014
 ・花便り 霊山寺 バラ(薔薇) 2013
 ・霊山寺 薔薇会式・えと祭り 2015
 ・霊山寺 薔薇会式・えと祭り 2014



霊山寺 バラ園1
サムサーラ(輪廻)と名付けられた噴水のあるエリア=撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 バラ園2
撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 バラ園3
撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 バラ園4
撮影 2015/5/17 奈良市中町


霊山寺 バラ園5
撮影 2015/5/17 奈良市中町

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/20(水) 16:20:33|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

花便り 東大寺 センダン(栴檀) 2015

東大寺戒壇堂の築地塀沿い、晩秋から冬にかけて白色~淡黄色の球形の実を枝いっぱいに付けた落葉高木が目につきます。そう、センダン(栴檀)です。

かつて雪が小枝に降り積もった情景をアップ(こちら)しました。花が満開のセンダンも撮らなければと、花の時季を待っていたところ、他所で開花し始めたセンダンを見ましたので、戒壇院に駆けつけたのでした。ころは良し、満開でした。

センダンといえば、「栴檀は双葉より芳し」の諺でよく知られますが、これは、ここでいうセンダンセンダン科)ではなく、ビャクダン(白檀、ビャクダン科)を指すのだそうです。

センダンは若枝の葉腋に淡紫色の5弁の花を多数つけ、一つひとつは小さい花ですが、独特の形をしているので分かりやすいですね。感じが似たものに「なんじゃもんじゃの花」があります。

戒壇堂のセンダン、樹高が高く風もあって小花を超アップで撮ることはできませんでしたが、ご紹介を。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺 雪景色 2014
 ・花便り なんじゃもんじゃの花 2014



東大寺 センダン(栴檀)1
撮影 2015/5/19 奈良市雑司町


東大寺 センダン(栴檀)2
撮影 2015/5/19 奈良市雑司町

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/20(水) 13:32:18|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

當麻寺 練供養会式 2015

中将姫の現身極楽往生を再現する仮面劇風の伝統行事

當麻寺の聖衆(しょうじゅう)来迎練供養会式は日本における練供養の発祥といわれ、1000年を超える伝統行事となっています。

今年はあいにく小雨の天候のため、本堂より娑婆堂まで渡る来迎橋上のお練りは中止となりました。代わって、本堂で法要が行われた後、二十五菩薩と稚児さんが回廊を一周するという変則的なかたちで儀式が行われました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・當麻寺 練供養会式 2016 
 ・當麻寺 練供養会式 2014
 ・當麻寺 練供養会式 2013
 ・當麻寺 練供養会式 2012
 ・當麻寺 練供養会式 2011
 ・當麻寺 練供養会式 2010



當麻寺 練供養会式1
中将姫が安座する蓮華台を掬い上げるように左右に振りながら極楽浄土に向かうスクイボトケこと観音菩薩=撮影 2015/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式2
本堂の回廊を練る菩薩聖衆=撮影 2015/5/14 奈良・葛城市當麻


當麻寺 練供養会式3
二十五菩薩面(一部)=撮影 2015/5/14 奈良・葛城市當麻

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2015/05/16(土) 20:59:38|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (70)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (96)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ