奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

桃香野八幡神社 弓始祭 2016

男子成人への通過儀礼をうかがわせる的打ち

梅の郷、梅林で知られる名勝月ヶ瀬の桃香野に鎮座する八幡神社。弘仁元年(810年)、当地の領主・興原遠江守が鎮守神を勧請して弓矢を奉納したと伝わります(当社参道にある由緒書き石版)。これに因み、年始めに地域の安寧・子孫繁栄などを祈願して的打ちの祭典が行われます。

まずは参道の南端、名張川を見下ろしすばらしい景観の的場。的の前に設けた祭壇前に神職(2人)、オトナ衆(14人中9人出席)、自治会長・副会長、氏子役員(3人)、新成人(2人)が参列し厳かに神事を斎行。祝詞奏上に続いて宮司が天・地・北・南・東・西・的に向けて矢を射ます。弓は桑の木製、矢はヨモギ製であるのは珍しい。

ついで場所を移して新成人による的打ちです。鳥居の下に敷いた薦(こも)から70mほど離れた的に2人の新成人が各々14本と13本の矢(弓道で使う本物)を続けて放ちます。未経験者の遠的(えんてき)にオトナ衆などから喝采が起こります。

神社に収蔵の弓は5、6本。この中に「貞享4年」(1687年)の銘が残る弓がありました。330年前(将軍綱吉の時代)の弓ですね。なお弓射法の指導に奈良県弓道連盟の副会長(N氏)が当たられていました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・桃香野八幡神社 秋祭り/お渡り・能楽奉納 2016
 ・花便り 月ヶ瀬梅林 梅 2014
 ・大和神社 御弓始祭 2011
 ・大和神社 御弓始祭 2010
 ・奈良豆比古神社 弓始祭 2013



桃香野八幡神社 弓始祭1
桑の木の弓ヨモギの矢をつがえ、天・地・北・南・東・西、最後に的に向かって射る宮司。祭壇にはイモクシ(竹串の3分の2をU字型に削り、これに蒸したサトイモにクルミを混ぜて刺したもの)なる特殊神饌が供えられていました=撮影:2016/1/24 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弓始祭2
的打ちに先立ち清祓の儀式。宮司が鳥居の下3ヵ所に土を盛り、これに榊とムクゲの小枝を置きます。お神酒に続いて矢を3本ずつ3ヵ所に並べること3回。合計27本の矢が勢ぞろい。もとは3人の射手が参加していたことを窺わせます=撮影:2016/1/24 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弓始祭3
裃、紋付、袴装束の左片袖を抜いて矢を射る新成人=撮影:2016/1/24 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弓始祭4
およそ70m離れた的めがけて放たれた矢は白点となって飛翔
=撮影:2016/1/24 奈良市月ヶ瀬桃香野

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/01/27(水) 18:59:05|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

若草山焼き 2016

春を呼ぶ若草山焼き 雨で燃え上がらず

小雨が降るあいにくの天候となった今年の若草山山焼き。火は燃え広がらず(焼けた草地は一部)、炎よりも煙が優勢の残念な山焼きでした。燃え残った部分は後日あらためて焼かれます。

今回は東大寺二月堂を点景にしてねらってみましたが、若草山の稜線は煙で隠され見えません。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
若草山焼き 2015
若草山焼き 2014
若草山焼き 2013
若草山焼き 2012
若草山焼き 2011
若草山焼き 2010


若草山焼き 2016
撮影:2016/1/23 奈良市雑司町 多重合成

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/01/25(月) 20:59:08|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

信貴山朝護孫子寺 左義長 2016

古い納め札や注連縄を焼く大とんど

左義長は1年の初めにあたり、穢を祓い清めて暖かい春の到来と豊かな収穫を祈る小正月行事。朝護孫子寺では14日の夕刻に行われます。

本堂で供養法要が行われた後、一山僧侶が列をなして赤門下の広場(駐車場)に移動。般若心経が唱えられるなか、竜の形をした(という)大松明とともに、うずたかく積まれた古い納め札や注連縄に火がかけられ、大きな炎が夜空に舞い上がります。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・信貴山朝護孫子寺 柴燈護摩供・火渡り 2015
 ・信貴山朝護孫子寺 節分・鬼追い式 2015



朝護孫子寺 左義長1
あかり松明を先頭に太鼓に続き一山の僧侶が赤門をくぐり広場に向かう=撮影:2016/1/14 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 左義長2
法燈明を火付け松明に移す僧侶=撮影:2016/1/14 奈良・生駒郡平群町信貴山


朝護孫子寺 左義長3
読経のなか、燃え盛る大とんどの火柱=撮影:2016/1/14 奈良・生駒郡平群町信貴山

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/01/15(金) 14:59:40|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

東明寺八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭 2016

八坂神社は、舎人親王の創健と伝わる東明寺の境内に鎮座します。現在、神社をお守りするのは東明寺地区の9軒の氏子さん達。成人の日に、おんだ祭と綱かけ祭が併せて斎行されます。

早朝から境内にて、男衆は持ち寄った稲藁で綱つくりに励みます。午前中に太さ一掴みほど、長さ約20mの綱7本を編み、午後からはご婦人達の加勢をえて、2本ずつを撚り合わせ繋ぎ合わせ、より太い勧請綱を綯い上げます。

先ずはおんだ祭から。神殿前の斎庭に長径3mほどの楕円形、その南北に水口を描き添えた苗代の線画(→こちら)が特徴的です。神職(矢田坐久志玉比古神社宮司)がここに種籾を、ついで松苗を播き豊作を祈願します。

続いて縄かけ祭。綯いあげた勧請綱は巻いて束ね、神職がお祓いを行った後、男衆は氏子地区に通じる谷に勧請縄を掛け渡します。急な両斜面を登って大綱を掛けるのは大そうな労力ですが、当地区の除災・招福・豊作を祈願して継承されています。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東明寺八坂神社 おんだ祭 2012
 ・東明寺八坂神社 綱かけ祭 2012
 ・矢田坐久志玉比古神社 綱掛祭 2016
 ・椣原の綱打ち行事(勧請綱掛け) 2014
 ・長岳寺 節会(綱掛) 2013
 ・明日香・栢森 綱掛神事 2011
 ・明日香・稲渕 綱掛神事 2011



八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭1
おんだ祭――神殿で修祓、献饌、祝詞奏上などの後、斎庭で苗代
に種籾をまく神職=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭3
勧請綱を綯う――「チョーサジャ、チョーサジャ」と声をかけ力を合わせます=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭4
綱の完成――立った男に綱を巻きつけ横倒し。後ろから太い竹(担ぎ棒)を男と入れ替えるように差し込みます=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭5
綱かけ祭――神殿で修祓などの後、勧請縄に切幣をかけてお祓い=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭6
綱かけ神事の終了後、大綱・ご幣・松葉下がりを綱かけの場に運びます=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭7
綱かけを指図する氏子リーダー=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町


八坂神社 おんだ祭・綱かけ祭8
無事、氏子地区に通じる谷に架け渡された勧請縄。悪霊、疫病の進入を防ぎ、地区の平穏を祈願=撮影:2016/1/11 奈良・大和郡山市矢田町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/01/13(水) 21:04:43|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0

佐良気神社 春日の十日えびす 2016

商売繁盛を願って えべっさん詣り

佐良気(さらけ)神社は春日大社の末社のひとつ。七福神の一人とされる蛭子(ひるこ)神(えびす神)を祀り、若宮神社の南側に鎮座します。商売繁盛の神・福の神で、ことに関西では「えべっさん」と親しまれ、その人気はたいそうなもの。

「春日の十日えびす」として知られますが、社前では福娘から招福の縁起物をつけた吉兆笹やお札などを受ける参拝者で大賑わい。甘酒のふるまいもあって和やかで暖かな新春風景が見られました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・南市恵比須神社 初えびす 2015



春日の十日えびす1
金の烏帽子を被った福娘から吉兆笹を受けるお譲ちゃん=撮影:2016/1/10 奈良市春日野町


春日の十日えびす2
吉兆笹を手にしてお参りするご婦人=撮影:2016/1/10 奈良市春日野町

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/01/10(日) 20:19:01|
  2. 1月の祭り/行事
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (70)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (96)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ