奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

菅原天満宮 おんだ祭 2016

翁と牛童子が笑いを誘う愉快なおんだ祭

菅原道真公の忌日にあたる2月25日、各地の天満宮では大祭などが行われます。

道真公生誕の地と伝わる菅原の里に鎮座する菅原天満宮(2002年、菅原神社から菅原天満宮に改称)では、祈年祭として「おんだ祭り」が執り行われます。

おんだ祭の特徴は翁面の田主、牛面の牛童子と村役(氏子役員)たちが古い狂言形式で行うところ。田主 「今曰は最上吉日なれば 鍬はじめせばと存じ候」、一同 「めでとう候」 などといった古風な口上(詞章)で演じられます。

同様の能・狂言形式で行うおんだ祭は手向山八幡宮や平尾水分神社に例をみます(下記のリンク)。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・菅原天満宮 おんだ祭 2013
 ・菅原天満宮 おんだ祭 2011
 ・菅原天満宮 おんだ祭 2008
 ・手向山八幡宮 御田植祭 2015
 ・平尾水分神社 おんだ祭 2012



菅原天満宮 おんだ祭1
「田を打って候えば、牛を使い候」と田主。マンガ(馬鍬)を曳く牛童子が暴れまわって息が上がる田主。田んぼに散らばる白い紙包みは、牛童子の熱演に投げ入れられた「おひねり」です=撮影:2016/2/25 奈良市菅原町


菅原天満宮 おんだ祭2
桶をかしげて肥を柄杓に汲みとる仕草が大爆笑を誘います(演技が向こう向きになって柄杓が見えず残念こちら)=撮影:2016/2/25 奈良市菅原町


菅原天満宮 おんだ祭3
「福の種播こうよ、東田に播こうよ、西田に…」と、東西南北の田に種籾を播く田主=撮影:2016/2/25 奈良市菅原町

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/02/27(土) 20:23:14|
  2. 2月の祭り/行事
  3. | コメント:0

花便り 長谷寺 福寿草・冬牡丹 2016

ワラの傘を被った冬牡丹と春を寿ぐ福寿草

花の少ないこの時季に、長谷寺の長い登廊の脇そして本坊の前庭で参拝者を暖かく迎えてくれる冬牡丹福寿草

冬牡丹は抑制栽培の技術で冬に開花させたもの。寒牡丹と異なり、若く青い茎にたくさんの葉がついています。

いまはロウバイが終わり、ウメがそろそろ満開。このあとツバキ、ジンチョウゲ、サンシュユ、レンギョウ、サクラ…と、季節の花々が咲き競う 「花の御寺(みでら)」と親しまれる長谷寺に、やがて本格的な春が訪れます。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・花便り 長谷寺 福寿草・冬牡丹 2013
 ・花便り 長谷寺 牡丹 2013
 ・花便り 長谷寺 ギョイコウ(御衣黄) 2013
 ・石光寺 寒牡丹 2011
 ・長谷寺 雪景色 2011



花便り 長谷寺 冬牡丹2
撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


花便り 長谷寺 冬牡丹1
撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


花便り 長谷寺 冬牡丹3
撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


花便り 長谷寺 福寿草
撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/24(水) 18:34:02|
  2. 花便り
  3. | コメント:0

初瀬・三社権現 綱掛祭 2016

中世の様式を色濃く残す 神仏習合のお綱かけ

長谷寺本殿の右裏手、小高い場所に三社権現(滝蔵三社)が鎮座します。天平5年(733)聖武天皇の勅命により、長谷寺開山の徳道上人が創建したと伝わり、東社に石蔵権現(地蔵菩薩)、中社に瀧蔵権現(虚空蔵菩薩)、西社には新宮権現(薬師如来)を祀ります。括弧内は垂迹(すいじゃく)説でいう本地仏(神の本来の姿)をさします。

旧暦1月11日(今日ではこの日に近い2月の日曜日、不定)、長谷寺郷の藤原氏直系男子とされる講衆が集い、神殿に注連縄を張って祭典(法要)が営まれます。法要に先立ち、上之郷(萱森、中谷)が東社、中之郷(榛原の柳・角柄)が中社、下之郷(柳原、出雲)が西社に奉仕して、それぞれに古い注連縄を新しいものに掛け替えて、お神酒、1升餅(上之郷は6段、中・下之郷は各3段重ね)、小さな輪注連縄(上之郷)、御幣(中之郷)を供えます。

長谷寺の僧侶が出仕し、三神殿前の拝所に祭壇を設け法要が行われます。上之郷と中之郷のトーニン(頭人、頭屋)は烏帽子に素襖姿で参列。一同般若心経や真言を唱えたのち、まずトーニンの額に牛玉宝印が押され、つづいて参列者全員も宝印を受けます。

そのあと各トーニンに長谷寺から「補任大夫職之事 藤原朝臣何某(頭人の名)……」としたためた「補任状(ぶにんじょう)」が恭しく授けられます。おしまいはお酒または甘茶で直会を行って僧侶は退出。各地区と講衆の安全安泰・子孫繁栄を祈願して年初めに行う、年1度の祭典がめでたく終わりました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・長谷寺 だだおし 2016
 ・長谷寺 紅葉 2014
 ・長谷寺 雪景色 2014
 ・長谷寺 桜 2008



初瀬三社権現 綱掛祭1
新しい太い注連縄を長持(ながもち)に乗せて神殿に運ぶ上之郷の講衆。長持にはお供えの小注連縄と1升餅6個が納まっている=撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


初瀬三社権現 綱掛祭2
3地区のトーニン(頭人)以下講衆が参列して長谷寺僧侶が法要を勤める拝所=撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


初瀬三社権現 綱掛祭3
牛玉宝印を額に受ける参列者=撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬


初瀬三社権現 綱掛祭4
長谷寺から古式ゆかしい補任状(ぶにんじょう)を授かる中之郷のトーニン(右端:烏帽子を被り素襖を着用)=撮影:2016/2/21 奈良・桜井市初瀬

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/02/23(火) 18:11:31|
  2. 2月の祭り/行事
  3. | コメント:0

サテライト写真展 「私がとらえた 大和の民俗―衣―」

お知らせ サテライト写真展 in 奈良町資料館
  「私がとらえた 大和の民俗 ―(ころも)― 」

奈良大和の民俗を撮る写真家11名による競作展。
昨秋、奈良県立民俗博物館玄関ホールで開催した写真展を 次のとおり巡回開催する運びとなりました。

■ 日時: 平成28年3月2日(水)~3月22日(火) 午前10時~午後4時
  (年中無休・入館無料): 3月6日(日) 午後1時~4時に民俗博物館学芸員が説明
■ 場所: 奈良町資料館 奈良市西新屋町14 (アクセスは→こちら) 

会場はアクセスに便利な奈良町のど真ん中。梅花の香りも漂い始める弥生3月、東大寺二月堂のお水取り(修二会)の期間中でもあります。お運びいただければ出展者一同 嬉しく存じます。


サテライト写真展 奈良町資料館
・拡大ポスターは→こちら


奈良町館
奈良町資料館=撮影:2015/12/5 奈良市西新屋町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/02/19(金) 21:51:47|
  2. 写真展
  3. | コメント:0

東大寺二月堂 修二会(お水取り) 油量り 2016

修二会で使う灯明用の菜種油を準備する 「油量り」

毎月18日は十一面観音菩薩の日につき二月堂で法要が行われます。2月はその法要のさなか、本年の練行衆のうち堂司と処世界の2人が中座し、南出仕口で行われる 「油はかり」 に立ち会います。修二会で灯明に使用する菜種油が間違いなく計量・準備されることを見届けるためです。

まずは二月堂百人講の3人が1斗(約18リットル)缶から木桶に菜種油を注ぎ入れます。昔ながらの目盛りのついた棒を使い、3回に分けて1斗3升、1斗2升、1斗を量ります。計量のたびに黒色の3つの油壺に移したのち、堂童子さん達が封をして礼堂に納めます。合わせて3斗5升もの油が使われるとは驚きです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 油量り 2013
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 油量り 2012



二月堂お水取り 油量り1
菜種油を木桶に注ぎ入れる百人講の皆さん。これを見守る堂司・
森本公譲さんと処世界・北河原公滋さん=撮影:2016/2/18 
奈良市雑司町


二月堂お水取り 油量り2
木枠に入った黒光りする油壺に計量した油を移します。
壷に封をする役目の堂童子さんが右端で待ちます=
撮影:2016/2/18 奈良市雑司町


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/02/19(金) 20:08:59|
  2. 2月の祭り/行事
  3. | コメント:3
次のページ

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (93)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (99)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ