FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

桃香野八幡神社 弁天一万度祭 2019

月ヶ瀬桃香野の八幡神社で毎年5月5日、地区の住民が椿の葉を一万枚数えて神さんに奉納し五穀豊穣を願う珍しい神事 「弁天一万度祭」が行われます。

その由来など、オトナ(老名)最長老の奥上さん(90歳)にうかがいました――。「かつては弁天一万度祭・桝形一万度祭・植付一万度祭という3つの祭りを行っていたが、することが同じなのでまとめて1回ですませるようになった」 伝説であるがとして「むかし、桃香野で社殿の造営などで宮本に多額の借金ができた。その後、謝金は棒引き(帳消し)してもらえることになって、そのご恩を忘れないようにと、毎年、椿の葉を神さんに献上する神事が一万度祭として受け継がれている。住民みんなが感謝の心を忘れないで絆を深めることが大切」「一万という数字は感謝の心を大きな数で表したのではなかろうか。なぜ椿の葉なのか、いつ始まったのかについては分からない」――ということでした。

一方、こんな説もあります。「大正9年、(桃香野大字の)杉の大木を売り払ったところ、11万3千円の収入があって、この収入のうち40円ずつを地区全戸に分配し、八幡神社へも千円ほどの寄付がされたという。これを記念して始まったため、弁天一万度祭と呼ばれている」と(『大和の神々』奈良新聞社編、1996年11月30日刊)。

行事はまず太鼓の音を合図に、オトナ(老名)衆をはじめ全員が拝殿に上り神事を行います。終わって参籠所に移り直会です。そのあと、おのおの椿の小枝を持って鳥居傍にある水鉢に軽く浸けて(清めて)から拝殿に進み、置かれた箱に綺麗な葉1枚を入れます。お伊勢参りの道中音頭(CD)が流れるなか、鳥居と拝殿の間を、ちょうどお百度参りのように、ぐるぐると廻ります。

拝殿には一の位、十の位、百の位、千の位を示す4つの箱が置かれています。一の位の箱に投げ入れた椿の葉から十枚を選び、うち一枚を次の箱に送ります。これを繰り返して千の位の箱に十枚集まると一万枚を数えたことになります。その中から宮守がもっとも美しい葉を一万枚目として神に献上します。実際には葉の数をしっかり数えるというよりも、住民の心がこもった美しい葉を選ぶことの方に留意されていました。

世間にあまり知られていない神事ですが、八幡神社の宮本に伝わる風習を自然に受け継いでいる絆がうかがえました。祭りに参加したのは35人ほどでした。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・桃香野八幡神社 秋祭り/お渡り・能楽奉納 2018
 ・桃香野八幡神社 秋祭り/お渡り・能楽奉納 2016
 ・桃香野八幡神社 弓始祭 2018
 ・桃香野八幡神社 弓始祭 2016
 ・花便り 月ヶ瀬梅林 梅 2017



桃香野八幡神社 弁天一万度祭1
椿の枝を水鉢の水に浸けて葉を清めます=撮影 2019/5/5 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弁天一万度祭2
赤鳥居をくぐり抜け拝殿に進みながら、神さんに捧げる綺麗な葉を選んでいます=撮影 2019/5/5 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弁天一万度祭3
それぞれが選んだ椿の葉1枚を所定の箱に入れます。裃着用はオトナ(老名)衆=撮影 2019/5/5 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弁天一万度祭4
手持ちの椿の小枝に美しい葉がなくなると、新しい枝と取り換え、何度も拝殿と鳥居の間をぐるぐる廻っては所定の箱に椿の葉を1枚ずつ投げ入れます=撮影 2019/5/5 奈良市月ヶ瀬桃香野


桃香野八幡神社 弁天一万度祭5
最上の椿の葉を選ぶ宮守さん。「一万枚に達しました」と参加衆に告げます=撮影 2019/5/5 奈良市月ヶ瀬桃香野

スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2019/05/08(水) 17:39:33|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑です。

Copyright © 2009-2020 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (74)
2月の祭り/行事 (117)
3月の祭り/行事 (94)
4月の祭り/行事 (72)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (65)
7月の祭り/行事 (73)
8月の祭り/行事 (81)
9月の祭り/行事 (52)
10月の祭り/行事 (111)
11月の祭り/行事 (29)
12月の祭り/行事 (113)
花便り (148)
みち草まんだら (13)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (73)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (70)
季節の風景・晩秋 (7)
季節の風景・冬 (12)
朝焼け・夕焼け (10)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (12)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (9)
大和棟 (5)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ