奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

久米寺 練供養 2018

来迎橋の上を二十五菩薩が本堂まで練る久米寺の来迎練供養会式。極楽往生を視覚化した仏教行事です。かつては 「久米レンゾ」の名で親しまれていたそうです。

レンゾは、多くは社寺の祭礼や会式の日に行われていたといいます。春の農繁期前の一日を「農休み」として社寺に集い、弁当を広げ酒も入ってくつろいだのでしょう。いまでは呼び名として「久米レンゾ」の他に、「當麻レンゾ」(當麻寺)、「釜の口レンゾ」(長岳寺)、「松尾レンゾ」(松尾寺)、「多レンゾ」(多神社)などが残っています。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・久米寺 練供養 2015
 ・久米寺 練供養 2014
 ・久米寺 アジサイ(紫陽花) 2015
 ・當麻寺 練供養会式 2017
 ・長岳寺 釜の口レンゾ(弘法大師大法会) 2015



久米寺 練供養1
式衆一行=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養2
式衆に続く稚児さんと大導師=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養3
二十五菩薩のお練り=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養4
二十五菩薩の先頭を進む観世音菩薩=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養5
捧持した阿弥陀仏像を左右上下に振りながら来迎橋を本堂に渡る観音さん=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町


久米寺 練供養6
無邊身菩薩に寄り添う可愛い隋伴者=撮影 2018/5/3 奈良・橿原市久米町

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2018/05/06(日) 20:37:59|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | コメント:0
<<賣太神社 人形昇天祭 2018 | ホーム | 氷室神社 献氷祭 2018>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (68)
2月の祭り/行事 (100)
3月の祭り/行事 (83)
4月の祭り/行事 (65)
5月の祭り/行事 (70)
6月の祭り/行事 (57)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (94)
11月の祭り/行事 (25)
12月の祭り/行事 (96)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (63)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (113)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (7)
写真展 (10)
花めぐり (2)
大和棟 (1)
未分類 (1)
季節の風景・晩秋 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ