奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

若狭・神宮寺 お水送り 2011

若狭・神宮寺 お水送り 2011
  水を送る神約を結んだ遠敷明神の伝説を今に護り伝える神事
 
東大寺二月堂修二会お水取り)の12日目の深夜、二月堂下の閼伽井(あかい)屋の「若狭井」で行われる香水(こうずい)汲み。その香水は若狭の国から10日かけて二月堂「若狭井」に流れ届くと云われます。

その由来について次のような伝承が残ります。
実忠和尚が二月堂を建立し、修二会で神名帳を読んで全国の神々を招いた(勧請した)ところ、若狭の遠敷(おにゅう)明神だけが漁に夢中になり遅参。そのお詫びにご本尊に供える閼伽水(聖水)を送る約束をすると、白黒2羽の鵜が岩の割れ目から飛び出し、その跡から清らかで美味しい水が湧き出たと云われます。その場所が閼伽井屋の「若狭井」なのです。

この神約を護り伝える若狭の「お水送り」行事が福井県小浜市の神宮寺と遠敷川の鵜の瀬で3月2日の夜に営まれるのです。神宮寺の堂内で薬師如来(遠敷明神)を本尊とする薬師悔過が終了し、夕闇が迫るころ「お水送り」の行法が始まります。

ところで、神宮寺に着いたのは午後6時過ぎ。雪や霙(みぞれ)が降るあいにくの天候です。すでに法要の真っ最中でした。

堂内での法要が終わると、大松明をかざして本堂の回廊を左右に走り、結界し魔を祓う「達陀の行」が続きます。

境内で達陀の火による大護摩法要が奉修されたあと、「お香水」を護るようにして法螺貝を吹き鳴らし、遠敷川の1.8Km上流にある鵜の瀬に向かう松明行列となります。鵜の瀬に到着した松明は川に突き出して川辺に並べられ、松明の火は護摩壇に移されて修験者による神事が行われます。

さて、ここまでは良いとしても、雪や雨の降るなか、神事が行われる河原は山伏姿の行者や大勢の観光客であふれんばかり。「お水送り」の核心部分がどこで行われるかが分からず、警備が厳しく端に追いやられ、お香水を遠敷川に注ぎ込む一瞬は、写真に撮るどころか目にすることすらできませんでした。

なお、この行事に約3千人の参拝者があったと報じられていました(福井新聞)。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・若狭彦神社・若狭姫神社 遠敷明神のふるさと 2011
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2016
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2015
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2013
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2012
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2011
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 水取り(香水汲み) 2010



お水送り1
大松明をかざして本堂の回廊を左右に走り、魔を祓う「達陀の行」=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り2
雪の舞うなか大松明に続いて本堂を出る行者=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り4
神宮寺の前庭で行われた大護摩壇の火炎=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り3
松明行列の先頭あたりで、ご神体の大松明を担ぐ僧たち。この後にお香水を運ぶ「水司」「水師」などが続きます=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り5
法螺貝を吹く3人の行者「法螺師」を先頭に、手松明を持った人々が延々と続く松明行列=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り7
鵜の瀬に到着して遠敷川の両岸に並べられ、川面を照らす松明。雪解けの水が勢いよく流れる遠敷川の向こう岸にも行者たちが松明をかざし、お水送りを待ちます=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り6
河原の中央では護摩壇に火がつけられ、行者により般若心経が唱えられ、送水神事が行われている最中=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来


お水送り8
新聞社、TV局などのカメラの向こう岸あたりで「お香水」が遠敷川の流れに注がれたと思われますが、近づけません。目にできたのはこのような状態でした=撮影:2011/3/2 福井・小浜市下根来

スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/03/14(月) 23:54:19|
  2. 3月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若狭彦神社・若狭姫神社 遠敷明神のふるさと | ホーム | 東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/196-c6c17961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (92)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (99)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ