奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

大和神社 ちゃんちゃん祭り 2011

大和神社 ちゃんちゃん祭り 2011
  「ちゃんちゃん」と鉦を鳴らして田園を渡るお神輿行列

4月1日は大和神社(おおやまとじんじゃ)の主神・大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)の例祭日。午前中に祭典が行われ、午後は氏子による神輿渡御の神幸祭です。

中山町のお旅所、大和稚宮(おおやまとわかみや)神社まで「ちゃんちゃん」と鉦鼓を打ち鳴らして巡幸するところから「ちゃんちゃん祭り」の名で知られる大きなお祭りです。

過去3年は雨模様の天候が続きましたが、今年は好天に恵まれ、抜けるような青空の下で行事が進められました。

先年も写真と説明を挙げました。できるだけ重複を避けて写真を選び説明も簡略にしましたので、先の記事を併せてご覧戴ければ幸いです。 

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・大和神社 ちゃんちゃん祭り 2013
 ・大和神社 ちゃんちゃん祭り 2012
 ・大和神社 ちゃんちゃん祭り 2010
 ・大和神社 御田植祭 2010
 ・大和神社 節分鬼追い式 2011
 ・大和神社 御弓始祭 2011
 ・大和神社 夏越の大祓式 2010
 ・大和神社 御弓始祭 2010



ちゃんちゃん祭り1
近郷では一番早く咲くという拝殿横の桜の樹。その下で神輿お渡りの出御を待ちます。今年は全般に桜の開花が遅れましたが、この桜は例年通り祭日には満開で「ちゃんちゃん祭り」を祝福してくれました。撮影:2011/4/1 奈良・天理市新泉町


ちゃんちゃん祭り2
神輿は鳥居を出て「上ツ道」を南に進み「矢はぎ塚」を過ぎ、岸田町市場の「神輿」(腰かけ石)で一休み。左に3回半廻って神輿を安座します。撮影:2011/4/1 奈良・天理市岸田町


ちゃんちゃん祭り3
兵庫町の頭人児(とうにんご)が舞う「龍の口舞」。頭を持つ「クチモチ」と胴体の「シッポ」の二人です。ときどき龍の口を開け閉めしてカタカタ鳴らし、お神輿の周りを左に3回半廻るという簡素なもの。これには魔よけ、清めの意味があると云われます。龍頭は龍神・水神との関わりから、降雨と豊穣への祈願とも考えられます。龍の口舞は、お旅所と還御後に拝殿でも奉納されます。撮影:2011/4/1 奈良・天理市岸田町


ちゃんちゃん祭り4
のどかな田園・丘陵地帯にチャンチャン、チャンチャンと鉦鼓(しょうこ)の音を響かせ、のんびりとお旅所に向かって進む渡御行列。鉦鼓に続き天狗の面を被った猿田彦、さらに氏子が各町名の旗を掲げ、それぞれ梅の枝や小幣、太鼓、錦旗、千代山鉾、龍頭など持つ大行列です。先頭の陣笠と裃姿の神社総代さんがケイタイを使って他の役員さんと連絡でしょうか。今の世を反映してのご愛嬌。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り7
お旅所に着くと各町ごとに車座になって弁当を広げ酒盛りが始まります。輪切の丸大根に風車を立てた飾りものが鏡餅を挟んで左右に1個ずつ。頭人児の前に飾られています(佐保庄町)。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り5
神前に設けられた結界の中では、裃を着けた各町の役員が参列しお旅所祭を斎行中。手前は中山町の大幣を真ん中にして9町〔成願寺、兵庫、長柄、新泉(にいずみ)、岸田、佐保庄、三昧田(さんまいでん)、萱生(かよう)、中山〕の小幣が並んでいます。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り6
弓矢を持ち祭壇の両端でお旅所祭が終わるまで警護に当たる大和士(やまとさむらい)姿の稚児。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り8
新泉町の氏子による「翁の舞」。翁が樫の葉を入れた甑(こしき)を正面に置き、菅笠を左手で頭にかざし、右手に持った鋤(すき)で地面に2回縦に線を引き、鋤をわずかに振り上げる所作を2回おこなって拝礼して終わります。耕作の所作を表し豊作祈願の舞で、線を引くのは水はけをよくするための溝堀りの所作、振り上げるのは土を耕す所作とのこと(新泉町の翁役)。降雨祈願の所作(次の写真)に先立つ前半ですが、前後併せても“舞”とはとても思えないあっけないもの。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り9
氏子が輪になって人垣を作り、一斉に「オオミタラシノ神、ワーッ」と唱えて樫の葉を放り上げます。樫の葉を雨に見立てた降雨祈願だと云われます(新泉町の翁役)。オオミタラシは大御手洗とのこと。撮影:2011/4/1 奈良・天理市中山町


ちゃんちゃん祭り10
お旅所祭を終え、往路と同じ道をたどって本社に還御します。行列が本社に還幸すると、神霊を本殿に奉還する厳粛な神事が斎行されます。最後に拝殿で「龍の口舞」と「翁の舞」が奉納され、すべての行事が終了となります。すでに陽は沈み、辺りは暗くなっていました。撮影:2011/4/1 奈良・天理市新泉町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/04/06(水) 00:06:18|
  2. 4月の祭り/行事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<薬師寺 花会式(修二会) 舞楽奉納 2011 | ホーム | 薬師寺 花会式を前に「お身ぬぐい」 2011>>

コメント

Re: ちゃんちゃん祭

今年はいつになく晴天で、おかげで鼻の頭は赤くなりました。
けっこう奥が深いお祭のようですね。
いつまでも続けてほしい祭りです。

こちらこそよろしく!


> こんばんは
>
> 今年のちゃんちゃん祭り、いい天気でしたね。
> 記事をトラックバックさせていただきました。
>
> これからもよろしくお願いします。
  1. 2011/04/11(月) 21:40:21 |
  2. URL |
  3. ぴんぼけジュン #-
  4. [ 編集 ]

ちゃんちゃん祭

こんばんは

今年のちゃんちゃん祭り、いい天気でしたね。
記事をトラックバックさせていただきました。

これからもよろしくお願いします。
  1. 2011/04/11(月) 21:10:25 |
  2. URL |
  3. toshimo1123 #9ddgPdqs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/209-3ae961d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大和神社 ちゃんちゃん祭り(2011年)

大和神社 ちゃんちゃん祭り(2011年)  「ちゃんちゃん」と鉦を鳴らして田園を渡るお神輿行列4月1日は大和神社(おおやまとじんじゃ)の主神・大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)の例祭日。午前中...
  1. 2011/04/11(月) 20:53:41 |
  2. Photo's 24 x 365

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (55)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (91)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ