奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

薬師寺 花会式(修二会) 神供と鬼追い式 2011

薬師寺 花会式修二会)より 神供と鬼追い式 2011

花会式修二会)の最後を迎えた4月5日、「初夜」勤行の前に金堂の基壇東側で満願成就を願う「神供(じんぐ)」の作法が行われます。

咒師(しゅし、安田奘基さん)が神々を勧請して供え物を捧げます。他の練行衆は横一列に並び般若心経を唱え、足元に置かれた御幣を焼いたあと、松明をぐるぐる回し夜空に放り投げます。

その後すぐ結願法要のために練行衆は入堂。ときに静寂、ときに鐘の音、読経の声が堂外にも響き渡ります。

法要がすっかり終わると鐘が連打され、法螺貝を吹く練行衆が金堂正面に姿を見せます。ほぼ同時に5匹の鬼が大きな松明を手に火の粉を飛び散らせ中門に現れ、場内に乱入。最後の儀式である「鬼追い式」の始まりです。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・薬師寺 花会式(修二会) 神供と鬼追い式 2014
 ・薬師寺 花会式(修二会) 神供と鬼追い式 2013
 ・薬師寺 花会式(修二会) 神供と鬼追い式 2012
 ・薬師寺 花会式(修二会) 神供と鬼追い式 2010
 ・薬師寺 花会式を前に「お身拭い」2011
 ・薬師寺 花会式(修二会) 舞楽奉納 2011
 ・薬師寺 最勝会 2010
 ・薬師寺 お身ぬぐい 2010



神供・鬼追い式1
「神供」  読経のあと松明ぐるぐる回し夜空に放り投げます。見物人に怪我をさせない配慮からか、大きく弧を描くようには投げられませんでした。咒師さんは右端(写真の外)に居て咒師作法。松明を投げる練行衆は9人。撮影:2011/4/5 奈良市西ノ京町 三脚使用


神供・鬼追い式2
「鬼追い式」  咒師作法。堂内での結願法要を終えると、練行衆は法螺貝を吹き鳴らし金堂の正面に勢ぞろい。法螺貝と鐘の音が響き渡るなか、咒師は背を丸め小幅で小刻みに歩を進め舞台を廻っては途中でくるりと回転し、舞台のお祓いを行います。撮影:2011/4/5 奈良市西ノ京町


神供・鬼追い式3
「鬼追い式」 鬼乱入。燃え盛る大松明を持った鬼5匹が
場内に。撮影:2011/4/5 奈良市西ノ京町


神供・鬼追い式4
舞台角に高く吊るされた籠松明から降る火の粉の雨もなんのその、鬼は悠然。辺りを威嚇します。撮影:2011/4/5 奈良市西ノ京町


神供・鬼追い式5
松明を振り回して暴れまわる赤鬼。最後は毘沙門天に折伏
されて退散。撮影:2011/4/5 奈良市西ノ京町


神供・鬼追い式6
裳階(もこし)が巡る三重塔・東塔。6月には、いよいよ
解体修理が始まります(山田法胤管主)。松明に赤く照ら
された東塔を見られるのは、この先8年間おあずけ。撮影:
2011/4/5 奈良市西ノ京町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/04/10(日) 21:40:35|
  2. 4月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大神神社 春の大神祭 若宮神幸祭 | ホーム | 薬師寺 花会式(修二会) 舞楽奉納 2011>>

コメント

Re: ご来場感謝

薬師寺の鬼追いの鬼さんについてのコメントを有難うございました。

「鬼追い式」を幾度も拝見しています。迫力がありますね。鬼さんは火の粉をかぶってたいへんでしょうけど。
この「鬼追い式」を楽しみにしている方は多いと思いますが、今年は東日本大震災の影響とみえて、見物客が少なかったですね。被災地の復興を願って薬師寺でも祈りが捧げられました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. 2011/05/03(火) 21:25:13 |
  2. URL |
  3. ぴんぼけジュン #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/05/03(火) 14:25:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/211-1fc0586b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (98)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ