FC2ブログ

奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭礼や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

唐招提寺 うちわまき・舞楽 2011

唐招提寺 うちわまき・舞楽 2011
  覚盛上人の故事に因み 鼓楼からハート形のうちわをまく風物誌

「うちわまき」で知られる中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)。鎌倉時代に活躍した唐招提寺の中興の祖、覚盛(かくじょう)上人の命日にあたる5月19日、遺徳を偲び営まれる法要です。

蚊に刺されても「血を吸わせるのも布施の行」と動じなかった覚盛上人。その戒行清廉の徳を讃え、法華寺の尼僧たちが梵網会にうちわを供えて遺徳を偲んだのが、このうちわまきの由来とされます。

法要の後、鼓楼(国宝)からハート形のうちわ(宝扇)200本がまかれました。病魔退散や魔除けのご利益があるといわれるうちわですが、最近は事故を防ぐため、まく本数を年々減らし、抽選で当たった人に配るようになりました。

一方、法要の中ごろから舞楽が始められます。金堂と講堂の間の中庭に設けられた舞台で、南都晃耀会により「振鉾(えんぶ)」「陪臚(ばいろ)」「登天楽(とうてんらく)」の3演目が奉納・披露されました。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2019
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2018
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2017
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2016
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2014
 ・唐招提寺 うちわまき・舞楽 2012
 ・唐招提寺 うちわまき(中興忌梵網会)  2005・2006 



唐招提寺 うちわまき1
鼓楼(国宝)の2階からハート形のうちわ(宝扇)をまく若い僧侶。あえて見苦しい写真をお見せしますが、新聞・TVの記者達により、ご覧のとおりの状況が通例となりました。由緒ある伝統行事もだいなし。参拝者には失礼ですよね。同時に、鼓楼の下に設けられた記者用の特別席でも同僚が楽々と撮影しているのですから、も少し遠慮があってよさそうなもの=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき2
“撮る人”と“取る人”。“取る人”は人数制限され、かつてのような激しいうちわの“争奪戦”は見られなくなりました。”撮る人”も制限し、せめて代表取材としては如何か?=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 うちわまき3
ハート形のうちわはヒラリ、ヒラリと、舞い落ちる先は定まらず。掴んだはずがどこへやら。皆さん苦労しています=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 舞楽1
舞楽「振鉾(えんぶ)」  鉾を持ち襲装束の片脱ぎで、舞楽の演奏の最初に演じる清めの舞い。舞台は右方の振鉾=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 舞楽2
舞楽「陪臚(ばいろ)」  右手に鉾(ほこ)、左手に楯(たて)を持ち、太刀を佩く舞人4人が登場。前半は横の舞人同士で楯を立てかけ、鉾を舞台上に置いて舞います。半ばで太刀を抜き、印を結んだり、後半では鉾と楯を持って舞うなど、印象に残る所作が続きます。最後は、舞人が一直線になって舞いながら退場します=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


唐招提寺 舞楽3
舞楽「登天楽(とうてんらく)」  もとは子供が舞う童舞(わらべまい)ですが、近年は大人が舞います。冠と蛮絵装束を着用の右方の4人舞。動きは少なく、ゆったりとした所作の舞です。平安初期に日本で作られた曲のようです=撮影:2011/5/19 奈良市五条町


スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/05/20(金) 21:08:18|
  2. 5月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<唐招提寺 瓊花(けいか) 2011 | ホーム | 當麻の里 風薫る五月 2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/232-97cde951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

場所、行事名などで検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス・カウンター

Since Aug. 2009

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑です。

Copyright © 2009-2020 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (74)
2月の祭り/行事 (117)
3月の祭り/行事 (94)
4月の祭り/行事 (72)
5月の祭り/行事 (75)
6月の祭り/行事 (65)
7月の祭り/行事 (73)
8月の祭り/行事 (81)
9月の祭り/行事 (52)
10月の祭り/行事 (111)
11月の祭り/行事 (29)
12月の祭り/行事 (113)
花便り (148)
みち草まんだら (13)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (73)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (70)
季節の風景・晩秋 (7)
季節の風景・冬 (12)
朝焼け・夕焼け (10)
写真展 (12)
平城遷都1300年祭 (7)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (12)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (9)
大和棟 (5)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ