奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

門僕神社 曽爾の獅子舞 2011

門僕(かどふさ)神社 曽爾の獅子舞 2011
  300年近く受け継がれている曽爾の獅子舞

奈良県の東北端、三重県境に接する曽爾(そに)村のほぼ中央、曽爾川(青蓮寺川)の西岸に鎮座する門僕神社は、雄略天皇の御代からあるという由緒ある古社。古くから曽爾村8地区(大字)の産土神(うぶすなのかみ)として篤く信仰されてきました。

毎年体育の日の前日に行われる秋祭りでは、1720年頃から受け継がれてきたという獅子舞が奉納されます。「奉舞」「神前の舞」「悪魔払」「参神楽」「獅子踊り」「荒舞」「接ぎ獅子」などです。

これら一連の獅子舞は3地区(長野・今井・伊賀見)の青年達によって絶えることなく連綿と今日まで継承されてきたよし。その芸の種類の豊富さと質の高さが評価され、「曽爾の獅子舞」として奈良県無形民俗文化財に指定されています。

当日の朝、人身御供の名残とされる「すこ(頭甲)」という神饌を、各地区の頭屋が肩に担いで神社に繰り込んで奉納。「すこ」は、餅と柿を里芋の茎に交互に刺して頂上に鶏頭の花を飾り、乙女を象ったものと云われます。「すこ」はこちら

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・門僕神社 曽爾の獅子舞 2012
 ・門僕神社 秋祭りの神饌「すこ」と「犬の舌」 2012
 ・四社神社 神楽獅子



曽爾の獅子舞1
早いリズムで頭を振り足を振り上げ荒々しく舞う「荒舞」(伊賀見)。 撮影:2011/10/9 奈良・宇陀郡曽爾村今井


曽爾の獅子舞2
獅子と天狗に加え、ひょっとこ、おかめなど数人の道化(子供と大人)が加わって物語風に展開する「獅子踊り」(長野)。撮影:2011/10/9 奈良・宇陀郡曽爾村今井


曽爾の獅子舞3
遊び疲れて眠り込んだ獅子を起こそうとする天狗。このあと目を覚ました獅子は天狗や道化と仲良く遊びまわります。「獅子踊り」(長野)。撮影:2011/10/9 奈良・宇陀郡曽爾村今井


曽爾の獅子舞4
御幣と鈴を持って悠然と舞う「参神楽」(今井)。白足袋に下駄を履いていました。撮影:2011/10/9 奈良・宇陀郡曽爾村今井


曽爾の獅子舞5
曲芸風の「接ぎ獅子」(伊賀見)。台となる人の肩に乗る
演者と獅子の後を持つ人の3人で演じます。台の演者は肩
に乗った人の足の指の付け根あたりを、交差した手の人差
し指を上にして握っているようです。「神前の舞」「悪魔
払い」に続く「花魁道中」では、櫛で髪をといたり、お化粧
したり、合わせ鏡で仕上がりを見たりと、細かな芸を演じ
ます。最後は傘を開き、扇子で煽ぎ悠々と進みます。
撮影:2011/10/9 奈良・宇陀郡曽爾村今井


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2011/10/13(木) 23:31:35|
  2. 10月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<丹生川上神社(中社) 小川祭 2011 | ホーム | 斑鳩の里 法起寺 夕空とコスモス>>

コメント

Re: はじめまして

azukiさん

お訪ね戴きありがとうございます。

門僕神社の獅子舞は多くの演目が次々と披露され、とても見ごたえがあります。来年は是非お越しいただいて、実際にご覧になることをお勧めしますよ。

azukiさんのブログを早速拝見いたしました。コスモスの写真、綺麗ですね。
明日は大雨の予報ですが、布留祭は行われるのでしょうか。心配です。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. 2011/10/14(金) 20:33:03 |
  2. URL |
  3. ジュン #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

今年は門僕神社の獅子舞には行きたかったのですが結局、違う所に行ってしまいました。
 来年の参考に見させていただきました。
 明日、晴れれば石上神宮のふるまつりに行くつもりです。
 私のブログの方へも是非、いらしてください。
  1. 2011/10/14(金) 16:07:10 |
  2. URL |
  3. azuki #rjTtL2Ro
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/282-30dbbab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (57)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (91)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ