奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

柳生街道・滝坂道の石仏

柳生街道滝坂道石仏
  石畳道に点在する石仏たち

「大和路の石仏・石造物」
――大和路は「石仏のふる里」でもある、とは写真家・入江泰吉氏の言葉。奈良大和路の野山を歩き回っているうちに、有名・無名の石仏との出会いがありました。折に触れ軽い気持ちでカメラに収めた石仏ですが、そこそこの量が貯まってきました。“撮れたて”ではありませんが、整理の意味も含め、おいおいと「大和路の石仏・石造物」のカテゴリーでアップしたいと思います。撮りこぼしも多く、今後に少しずつ埋めていくつもりです。――


奈良と柳生を結ぶ柳生街道。そのうち春日原生林を越えて忍辱山(にんにくせん)に至る間が滝坂道と呼ばれ、敷き詰められた石畳が現在も一部に残ります。

この石畳は柳生家が奈良奉行に敷かせたものだとか。奈良時代には修行僧が笠置寺方面に通い、江戸時代には武芸者が柳生を目指して歩いた旧街道です。

高円山(たかまどやま)と春日山の谷合い。渓流の瀬音を聞きながら、初夏には新緑、秋には紅葉が楽しめる、今では人気のハイキングコース。その道筋の大岩や道端に転がる石の裏側に彫られた石仏、うっかりすると見過ごしてしまいそうな石仏との出会いがあるのもこの道なのです。

「滝坂地蔵」を5枚目に追加しました(2011/11/28)。やっと見つけた石仏、美しい姿が保たれています。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・当尾の石仏(1) 岩船寺付近の石仏
 ・当尾の石仏(2) 浄瑠璃寺・西小付近の石仏



石仏 滝坂道1
石畳の続く滝坂の道。かつては剣豪が歩いた石畳の道端に転がった大きな石(左端、上の石)。その裏に回ってよく観ると仏が刻まれているのがおぼろげに判ります。「寝仏」とある立札がなければ見過ごしてしまうところ。撮影:2008/11/17 奈良市春日山


石仏 滝坂道2
磨崖の大日如来が崖の上から転がり落ちたまま横になっているので、「寝仏」と呼ばれます。撮影:2003/6/21 奈良市春日山


石仏 滝坂道3
夕日観音」と呼ばれていますが、弥勒仏(鎌倉中期)で西向き
に立っています。夕日に照らされる石仏を往来する里人たちが拝
んだことでしょう。撮影:2005/11/26 奈良市春日山


石仏 滝坂道5
夕日観音の近くの斜面にある「三体地蔵」 撮影:2003/6/21 奈良市春日山


石仏 滝坂道9
三体地蔵の上部の大岩に彫られた「滝坂地蔵」。美しい
石仏です。深い浮刻のため鮮明な像が残っています。石
畳道からかなり上にあるので、多くの人が見過ごしてし
まいがちです。撮影:2011/11/27 奈良市春日山


石仏 滝坂道4
渓流の向こう岸に岩壁に刻まれた磨崖仏(鎌倉中期)。
東面していて朝日に照らされるために「朝日観音」と呼
ばれますが、弥勒仏であり左右に地蔵仏を従えます。撮影:
2005/11/26 奈良市春日山


石仏 滝坂道6
剣豪 荒木又右衛門が試し切りしたと伝わる「首切り地蔵」(鎌倉時代)。首筋には傷跡(?)が残っています。撮影:2008/11/17 奈良市春日山


石仏 滝坂道7
穴仏」と呼ばれる春日山石屈仏。石窟は東西ふたつに分かれています。西窟の阿弥陀(左)・大日如来磨崖仏(右)、左壁には多聞天像(平安時代、史跡)。 撮影:2003/6/21 奈良市春日山


石仏 滝坂道8
春日山石屈仏(穴仏)。 東窟の地蔵菩薩立像(平安時代)。(右の壁には三体の菩薩立像が彫られています。) 撮影:2005/11/26 奈良市春日山


スポンサーサイト

テーマ:石仏 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/19(土) 22:42:41|
  2. 大和路の石仏・石造物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下部神社 吐山の太鼓踊り 2011 | ホーム | 墨坂神社 秋祭り 2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/298-69bdd444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年超の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (64)
8月の祭り/行事 (72)
9月の祭り/行事 (42)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (4)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (98)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (6)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ