奈良大和路~悠~遊~

奈良大和路の祭や伝統行事、四季折々の風景を 写真で綴るフォトブログです。大和は国のまほろば、神や仏に近しく 奥は深くて おもしろい!

東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2012

東大寺二月堂 修二会お水取り) 大中臣祓 2012
  神道的な修法で二月堂周辺と練行衆をお祓い

大中臣祓(おおなかとみのはらえ)は練行衆が修二会お水取り)の本行に入るに当たって受けるお祓いの作法。参籠宿所入りの後(午後6時ころ)、練行衆は数珠を手にして細殿に蹲踞して並び、お祓いを待ちます。

お祓いの幣を襟に差した咒師が食堂(じきどう)の西側に出仕。小綱(しょうこう)が差し出す「祓の松明」の灯りに照らされ、蹲踞して印を結び、呪を黙誦(もくじゅ)。本尊をはじめ護法の神々、陰陽道の神々を勧請します。

袈裟を右肩に掛け替えますが、これは、以降は僧侶ではなく神職の立場にあることを意味するとのこと。ご幣を手にして「大中臣祓詞」を黙誦。

最後は細殿で蹲踞している練行衆の前を無言でご幣を振って通り祓い清めます。修祓(しゅばつ)役の咒師が行う作法は僅か5分ほどで終わります。

次いで童子たちが参籠宿所と食堂の西側に注連縄を張ります。すでに社参の日に行われた「注連撒き」と「注連掛け」に加えて、これで二月堂を中心とする上院の結界は完了です。

関連記事(当管理者の関連写真記事へのリンク)
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2015
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2014
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2013
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 注連撒き&注連掛け 2012
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2011
 ・東大寺二月堂 修二会(お水取り) 大中臣祓 2010



大中臣祓1
袈裟を右肩に掛け替え、祓の松明が照らすなか、神道的な「大中臣祓詞」を黙誦する咒師(橋村公英師) 撮影:2012/2/29 奈良市雑司町


大中臣祓2
横に数歩足を運びながら幣を左右に振って場を清める独特の所作 撮影:2012/2/29 奈良市雑司町


大中臣祓3
細殿に並んで蹲踞し頭を下げ数珠を揉みながら咒師のお祓いを受ける練行衆 撮影:2012/2/29 奈良市雑司町


大中臣祓4
大中臣祓のあと、参籠宿所前から食堂前の石榴の樹に注連縄を張りめぐらせ結界を完了 撮影:2012/2/29 奈良市雑司町


スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2012/03/03(土) 18:46:36|
  2. 2月の祭り/行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<東大寺二月堂 修二会(お水取り) 惣神所(開白) 2012 | ホーム | 東大寺二月堂 修二会(お水取り) 参籠宿所入り 2012>>

コメント

Re: 大中臣祓

snowwhite さん

久しぶりです。お元気そうで嬉しいです。
二月堂の「お水取り」には大中臣祓をはじめ、神仏混淆の儀式がずいぶん多いことに驚かされますね。他にも部外者には窺がい知れないことがいっぱい。人をして惹きつける奥深い宗教行事なのですね。今年も何日か二月堂に通うことになりそうです。早く寒さが和らいで欲しいです。
  1. 2013/02/24(日) 21:19:12 |
  2. URL |
  3. ジュン #-
  4. [ 編集 ]

大中臣祓

この儀式は好きで私も写真を撮りに行きました。袈裟を右肩にかけ替え、僧侶が神官になる瞬間に気をとられていました。
横に数歩歩く意味を初めて知り、さらに興味が深まりました。素晴らしいお写真をおとりになるだけでなく、その前によく下調べをされているのですね。本当にさすがだと思いました。
  1. 2013/02/24(日) 12:45:05 |
  2. URL |
  3. snowwhite #5TyGBGOA
  4. [ 編集 ]

Re: 素晴らしいblog拝見

田 中 さん

ご高覧いただき有難うございます。訪問者が増えることは大変な励みになりますので、今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2012/03/04(日) 18:18:06 |
  2. URL |
  3. ジュン #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしいblog拝見

素晴らしいblog拝見、いろいろ勉強させられました、有難うございます、是非海外にいる同級生にも紹介させていただきます。
  1. 2012/03/04(日) 11:09:30 |
  2. URL |
  3. 田中 #ZlULTlkc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pinbokejun.blog93.fc2.com/tb.php/344-69afdd56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内の検索

フォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

L/Sボタンを押すたびに文字サイズが大きく/小さくなり、設定は30日間保存されます。Mボタンで元のサイズに戻せます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:なわじゅん
・奈良県北部在住の男性です。1300年の歴史に根ざす奈良大和の人々の信仰に支えられてきた神事・仏事や祭り、伝統行事、民俗を主に紹介しています。
・写真をご利用希望の方はメールフォーム(下段)からお問い合わせください。

次のHPも運営しています。
「野に咲く花たち」――身近に咲く花、高山に咲く花の写真、野草のウェブ図鑑

Copyright © 2013 奈良大和路~悠~遊~ All rights reserved.

最新記事 (10件を表示)

これより古い記事は「月別アーカイブ」や「カテゴリ」からご覧ください。「ブログ内検索」もご利用いただけます。

カテゴリ

1月の祭り/行事 (63)
2月の祭り/行事 (90)
3月の祭り/行事 (76)
4月の祭り/行事 (61)
5月の祭り/行事 (65)
6月の祭り/行事 (56)
7月の祭り/行事 (63)
8月の祭り/行事 (68)
9月の祭り/行事 (40)
10月の祭り/行事 (83)
11月の祭り/行事 (23)
12月の祭り/行事 (82)
新年のご挨拶 (7)
暑中見舞い (3)
季節の風景・春 (69)
季節の風景・初夏 (5)
季節の風景・夏 (6)
季節の風景・秋 (61)
季節の風景・冬 (11)
朝焼け・夕焼け (8)
平城遷都1300年祭 (7)
花便り (94)
大和の古墳 (1)
大和路の石仏・石造物 (6)
慰霊と復興への祈り (4)
月と星 (2)
大和の古社寺 (5)
写真展 (9)
未分類 (1)
花めぐり (0)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

メールの送信はこちらからどうぞ。名前、アドレス、本文などは公開されません。

お名前:
メール・アドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ